「変」ではなく「おもしろい」【オンリーワンになろう】

メンバーコラム
Pocket

ダイヤモンドとビー玉

 

ラムネの中でカラカラと気持ちの良い音を立てるビー玉。空にかざすと青く透き通り綺麗な世界を見せてくれる。100円ほどで買える幸せだ。

そしてそのビー玉を握って博物館などへ行ってみる。同じように透き通り綺麗なものが見られる。

ダイヤモンドだ。1gで1500万円ほどする。決して買えない幸せだ。

 

では、堅牢なガラスケースの中にあるダイヤモンドと握りしめた手の中にあるビー玉。

この綺麗さは値段ほども異なるのか。

きっと違う。たしかにダイヤモンドは綺麗だが、綺麗さだけが値段に直結しているようには思えない。

 

では何だろう。何が値段の要素となっているのか。

 

それは高校の社会科の授業を少し覗けばわかる。需要と供給の関係だ。

需要に対して供給が少なければ値段が上がるし、逆に需要に対して供給が多ければ値段は下がる。

だから年間で25tしか供給されないダイヤモンドは高く、年間でいくらでも作ることができるビー玉は安い。

 

珍しいものは高く、ありふれたものは安くなるのだ。

 

でも人間社会はどうなのだろう。

ダイヤモンドだった石ころ

幼稚園の頃、僕は自分にしかできない考え方をしてた。

友達もその子にしかできない考え方をしていた。

みんな自分の世界を持っていて、嫌なことはいやだと言った。

だから僕らはぶつかる。喧嘩もする。でもそれでよかった。輝いていた。

 

小学校に上がってしばらくすると、僕は自分の考え方をしばしば曲げるようになった。

周りには声の大きい子がいて、その子が言うことは支持される。

多くの子が持つ意見と違う意見を持つと、僕は白い目を向けられる。

集団という大きな力に叩かれそうになる。

僕はオンリーワンではなくなった。

 

中学校、高校にあがるにつれて同調圧力は強いものになっていく。

僕は周りに合わせてヘラヘラと笑うことが上手くなった。

周りと同じ意見を言っている自分にも違和感を感じなくなった。

自分に輝きを感じなくなった。

多分石ころになってしまったんだ。

 

昔々、小さい頃は僕はオンリーワンで輝くダイヤモンドだった。

でも成長するにつれてビー玉になり石ころになった。

 

美しくなくなった。でもしょうがない。社会で他と違うことをしている人は「変な人」と言われる。グループから外される。出る杭は打たれるんだ。打たれているうちに自分自身の輝きも見失う。

 

ああ、みんながダイヤモンドになれる社会が来ればいいのに。珍しさに価値を見出してもらえれば良いのに。

「変」って言わずに「面白い」って言えばいいのに。王道と言われるレールなんてなければいいのに。

自分に自信を持てればいいのに。他人に輝きを感じられればいいのに。

 

ああ今日も空は広く明るい。

 

Pocket