現状を変えたい人だけ読んでください

メンバーコラム
Hand flip wooden cube with word "change" to "chance", Personal development and career growth or change yourself concept
Pocket

はじめまして!COCOCOLOR EARTH副代表のツノディーです。

いきなりですが、皆さんに質問です。

皆さんは今、やりたいことはありますか?

やりたいことに向かって何か行動を起こせていますか?


この記事をクリックしたということは行動できずに悩んでいると思います。

このままの状態だと後々後悔することになります。

そこで今回は、行動力で生きてきたこの僕が「行動することの大切さ」について書くことにしました。

心にグサリときた人はぜひご覧ください。

何も行動しないってヤバくない??

あなたは今までどれほどの行動を起こしましたか?

行動の数=経験の数です。

つまり動けば動いた分だけ経験値を得ることができます。

ポケモンで言うと、バトル(=行動)を重ねることで経験値をもらいレベルアップします。

何もしなければ自分は変わりません。

今まで僕は色んなことにチャレンジしてきました。

例えば、

・ファンドレイジングのアルバイト

・一人で東南アジア周遊

・ヒッチハイク

・ITベンチャーで1年インターン

・プログラミング

・トビタテ留学

・COCOCOLOR EARTH副代表 など

昔は色んなことにチャレンジしてきたので「すごいね。」って言われるんですけど、別に全然大したことなくて、むしろ「何がやりたかったんだよ」って思います(笑)

でも色んなことにチャレンジしたからやりたいことが明確になって今があるんですよね。

一見こんなことやっても役に立たないじゃんって思う人がいるかもしれませんが、意外なめぐり合わせがあったりします。

行動できない要因

頭で分かっているけど動けないって言う人もいるかも知れません。

行動することに壁があるからだと思うんですよね。

僕なりに考えた要因をあげます。

やりたいことや目標がない

やりたいことが分からないって人多いですよね。

正直将来のイメージがつかない部分もあります。

ただ自分で将来のイメージをつくっていかないと自分が納得する人生を送ることはできないと思います。

ソーシャルキャリアについて20人ほどインタビューしましたが、行動を起こしている人ほど成し遂げたい目標が明確です。

例えば、Tomoshi Bito株式会社代表の廣瀬智之さん。(廣瀬さんの記事はこちらから

廣瀬さんは元々国際協力に関心をもっていて、ジャーナリストとして様々な問題を発信していました。

活動をしていく中で「伝えたいことが届かない」ことに気付き、社会構造を変える必要性を感じ、現在は子どもが「社会を変えられる」という意識を持てる学校教育プログラムを手掛けています。

廣瀬さんは様々な活動を通して、「社会問題解決に関わる人を増やし、誰も取り残されない社会を実現する。」という大きな目標を持っています。

まずは自分がやりたいことや目標を見つけるための行動が必要です。

面白そうだなって思ったものにはどんどんチャレンジして自分のやりたいことを見つけるのがいいと思います。

何から始めればいいか分からない

やりたいことはなんとなくあるけど、どうしたらいいか分からないことありますよね。

それは、やりたいことを実現するためのステップが不明確だからです。

高校野球で例えると、甲子園に行きたいと思っているだけでは、甲子園にはいけないんですよ。

まず甲子園に行けるチームっていうのはどんなチームかをイメージして、自分たちの現状と照らし合わせてチームに必要な要素を考えます。

必要な要素をもとに練習内容やチーム環境まで落とし込み、そこではじめて甲子園出場までの一歩目を踏み出すことができます。

まずはやりたいことを明確に定めて、目標に対してどのように実現していくかを考えることが必要です。

それが見えたとき行動に移せるのではないでしょうか。

失敗するのが怖い

失敗するのが怖いのは分かります。

だって普通に失敗したら嫌ですよね。

失敗してたくさん怒られたり、人に迷惑かけたり、バカにされたりすることもあるかもしれません。

ただ失敗をすることで多くのことを学ぶことができます。

僕自身も留学中に体調を崩して精神的に参ったことがありました。

当時はやりたいことを実現するために休学までして留学を決めたので、帰国した時は自分が情けない、恥ずかしいという気持ちで一杯でとても苦しかったです。

ただこの時期を乗り越えたからこそ、強い気持ちで色んなことにチャレンジできています。

なかなか心持ちを変えることは難しいですが、たくさんの失敗を経験して乗り越えていくことで、自分を成長させることができると思ってチャレンジしてみましょう。

あなたのチャレンジをサポートしてくれる人はたくさんいるはずです。

あなたは何度もチャンスを逃している

学生はまだ時間があるかもしれませんが、社会人になると仕事によって色んなことにチャレンジするのは比較的難しくなります。

あなたが行動することを躊躇している間も時間はどんどん過ぎ去っていく。

今まで僕はCOCOCOLOR EARTHで20人弱の人にソーシャルキャリアについてインタビューしてきました。

色んな方のお話を聞いてみて分かった共通点があります。

それは、「目標に向かって行動し続けること」です。

たくさん行動して経験を積むことで、ドット(点)を打っていきます。

たくさんのドット(点)からいくつかが結びついて線(=キャリア)になるのです。

誰もが最初から行動してうまく行ったことなんかはありませんし、その経験が今後のキャリアを築く上で必要なものだったかも知れません。

言えることとしては、意味のない行動はないということです。

早いうちに行動しておくことをおすすめします。

例えば、ソーシャルキャリアを考えているけど、キャリアステップが見えない人は、インタビューまとめ記事を読んでみてください。

またイベントに参加してみるのもありですし、自分でイベント企画してみるも良いと思います。
ソーシャル関連のイベントもまとめているのでご参考までに。(掲載依頼も受け付けてます)

最後に

色々書きましたが、僕はみんなのことを応援しています。

各々が社会を良くするために動いてくれたらめっちゃ良い世界が作れると思います。

ひたすら行動をし続けて自らチャンスを掴んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

COCOCOLOR EARTH(ココカラアース)
ライタープロフィール
角田悠太(つのだゆうた)COCOCOLOR EARTHのインタビューマンです。
社会貢献を仕事にするために色々な方にソーシャルキャリアについてインタビューしてます。Twitter:インタビューマンつのでぃー(つのだゆうた)

 

Pocket