アフリカにIT教育と雇用を〜DIVE INTO CODE 野呂浩良さん〜

今回は、ルワンダを中心にアフリカでプログラミングスクールを運営することで雇用の創出を行なっている「株式会社 DIVE INTO CODE」代表の野呂浩良さんにお話を伺いました。

MBAエンジニア講師でありながら、リクルートやワークスアプリケーションズなどへの転職など多様な経験を持つ野呂さんの思いやキャリアについて見ていきます。

野呂さん略歴

  • 2003年~2006年 すみや (小売 販売)
  • 2006年~2009年 リクルート (メディア 法人営業)
  • 2009年~2013年 ワークスアプリケーションズ (ソフトウェア開発 コンサル)
    • 特待生制度「問題解決能力発掘プログラム」突破
  • 2013年~2014年 プロスタンダード (教育 営業・研修講師)
  • 2014年~2015年 フリーランス
    • 時間管理研修、プログラミングセミナー開発・登壇、自力でRubyを学び事業アイデアをカタチにする
  • 2015年~現在 DIVE INTO CODE 創業
    • RubyWorld Conference 2016 登壇

 

目次
1.すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会
2.卒業文集に「社長になる」
3.自分は生きるか死ぬかの意思決定をしていない
4.今後のトレンドは、自律自走できる仕組み

 

1.すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会

ーーーこれまで国際協力を始めたきっかけから、現在に至るまでの流れを詳しく教えてください。

きっかけは、難易度が一番高いといわれるところで、チャレンジをして仕組みを作れたら、どこでも活躍できると思ったからです。

起業するときに「すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる」という理念を決めました。

目標をどうすれば達成できるのかを考えた時に、途上国でもチャレンジしようとした人が、チャンスをつかみ自分の価値を社会に役立てる。

それを技術を使ってできれば素晴らしいと思い、海外に進出しました。

ーーーなぜアジアではなくアフリカを選んだのですか?

1点目としては、難しいから挑戦するという理由。

その他に、もう一つ理由があります。

子供のころからアフリカで事業をしてみたいという気持ちがあり、卒業文集には社長になり世界にはばたくと書いていました。

その当時、生き物が好きでいつかアフリカの大地で現地の人の役に立ちたいという思いがありました。

 

1

2 3 4

関連記事

  1. 途上国スラムにおける貧困問題の解決〜坪田勝志さん〜

  2. アフリカの魅力を若い世代へ 国際協力にとらわれるな〜ALL ABOUT AFRICA 稲川雅也さん〜

  3. カンボジアで見つけた循環型社会への道〜Grubin 川本亮さん〜

  4. カバから始まるAfrica Jeans Projectとは!?〜祇園涼介さん〜

  5. 「モンゴル」に新しい産業を創る理由とは??~ HushTug 戸田貴久さん~

    • ハル

    私も国際協力×ITをベースに雇用を貧困層に生み出す!を目標としています。是非、行き詰まった事があれば、その話を聞きたいです。と言うのも、何処でどんな壁があったのかを知りたいからです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。