アフリカにIT教育と雇用を〜DIVE INTO CODE 野呂浩良さん〜

2.卒業文集に「社長になる」

ーーー なぜ起業家になることを選んだのですか?

起業家になろうと思ったのは小学生の時です。

当時、何かを作り出し社会で大きな影響力を持ったり、周りから喜ばれるものを生み出したいと思っていました。

ただ、高校から大学に進みながら、自分のやりたいことが見えなくなっていました。

そんな時に、父の死をきっかけに、人生を見つめ直し卒業文集を見返して

自分はこんな風になりたかったんだ

と思い出しました。

そして、社会人になってから、その夢の実現に向かい、本格的に動き始めるようになりました。

ーーーそこから起業するまではどのようなプロセスを歩みましたか?

社会人になってからは、いろんな会社に勤めてきました。
しかし、常に自分が独立して会社を設立するために必要なスキルについて考えていました。

最初に勤めた会社は販売職です。
そこでは、自分自身やりたいことがまだ明確になっていなかったので、商品売買のスキルをつけるために働きました。

ある程度ビジネスの仕組みがわかってきたので、次は、法人営業の仕事に転職しました。
自分から提案をして新しいサービスを作って売るスキルを身に付けるためです。そこで一通り営業のプロセスを身に付けました。

そして、システム開発の会社に転職しました。
理由は、開発をして世の中に新しいものは生み出したいと思ったからです。
未経験からITの世界に飛び込み、プログラミングと出合うということになりました。

そこで一通り学び、最後に経営学を学ぶために大学院に行きました。

自分にとって必要になりそうな知識をつけて、そろそろ起業しようと考えていた時に、ビジョンが似ている方とご縁があり、一緒に活動しました。

しかし、なかなかうまくいかず、一度離れることにしました。

個人事業主になり、ビジネスモデルを1年間で300個考えました。

その後で、スタートアップでのアルバイトやセミナーを開催するなどをして自分がやろうと決めたのが今の事業です。

 ーーーいきなり起業するのはどう思いますか?

結論から言うと正解はなく自分で決めるしかないです。

ただ、私の経験からすると今まで積み上げてきたものは全て生きていると感じます。

会社員の経験から仲間との会話やプロジェクトの進め方についてフィードバックできます。

いきなり起業することもできますが、その経験がないと業務を乱暴に投げつけたり、一人で全部抱えてしまう可能性が高くなるでしょう。

一方で、あまりにも経験を積むことを重視すると目的を見失ってしまいます。

なので、その塩梅を考えて自分で決めるしかないと思います。

 

1

2

3 4

関連記事

  1. アフリカの魅力を若い世代へ 国際協力にとらわれるな〜ALL ABOUT AFRICA 稲川雅也さん〜

  2. カバから始まるAfrica Jeans Projectとは!?〜祇園涼介さん〜

  3. 途上国スラムにおける貧困問題の解決〜坪田勝志さん〜

  4. カンボジアで見つけた循環型社会への道〜Grubin 川本亮さん〜

    • ハル

    私も国際協力×ITをベースに雇用を貧困層に生み出す!を目標としています。是非、行き詰まった事があれば、その話を聞きたいです。と言うのも、何処でどんな壁があったのかを知りたいからです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。