途上国スラムにおける貧困問題の解決〜坪田勝志さん〜

本日はスラムにおける貧困問題をビジネスという切り口で解決しようされている坪田勝志さんにお話を聴きます!

小規模飲食店のマイクロフランチャイズ事業を通してスラムに住む人々の収入源をつくり、スラム街に影を落とす貧困の連鎖を断ち切ろうとする姿。

社会問題解決の為に起業された坪田さんの覚悟と哲学に迫ります!

目次:
1. ソーシャルビジネス-途上国スラムにおける貧困問題の解決- 
2. フィリピンで出会った貧困問題
3. 世界の貧困問題の解決


1. ソーシャルビジネス-
途上国スラムにおける貧困問題の解決

ーーー本日はよろしくお願いします! まず、坪田さんが解決したい社会問題を聞かせて下さい。

僕が向き合っている社会問題は『途上国スラムにおける貧困問題』です。

貧困というのは言うまでもなく世界中にあり、それら全てが僕の取り組んでいきたい社会問題です。

”その第一歩として”フィリピンに存在するスラムの一つ「トンド地区」にてソーシャルビジネスを開始しています。

まだ始まったばかりで、偉そうに話せる事はありませんが、何か少しでも参考になればと思います。

 

ーーー具体的にはどのような事業をされているんですか?

小規模飲食店のマイクロフランチャイズ事業を立ち上げています。

自社がライセンサーとなり、スラムの貧困に苦しむ「親」と、小規模飲食店のフランチャイズ契約を結びます。

フランチャイズ契約において、彼らの経験や預金等の条件は一切なく、「義務教育過程の子どもをしっかりと学校に通わせること」が唯一の契約条件となります。

彼らが頑張れば頑張るほど彼らの収入は増え、同時に自社に入ってくるロイヤリティも増える。

それが次の投資(フランチャイズ店舗数の拡大)に繋がるという狙いです。

 

ーーー”マイクロ”フランチャイズですか?

フランチャイズというと日本のコンビニオーナーのようなものを想像されるかと思いますが、こういった普通のフランチャイズビジネスって、オーナーになるのにまず一定の資金が必要なんですね。

けれど、お金を持っている人にしかビジネスのチャンスが与えられないというのは、不公平というか、それでは貧困に苦しむ人の状況はいつでも変わりません。

機会の不平等なんですよ。

そこで、貧困状態でお金がなくても、教育を受けずに育ってしまったとしても、本人達の頑張り次第で誰でも自分の仕事を持てるというのがマイクロフランチャイズです。

具体的には、フランチャイズオーナーとして独立する際、開業資金を全て自社で立て替えます。

ここもあくまでビジネスなので、彼らの売上が出始めた段階からしっかり返済をしてもらいます。

学歴や資金、いわゆる社会的信用がなくても、ゼロからでもチャレンジできる仕組み。それがマイクロフランチャイズの特徴です。

ーーースラムに住んでいる貧困層の人たちが、小規模とはいえ飲食店を経営することは可能なんですか?

最初に話した通り、まだ開始したばかりで、想定と違うことがたくさん起こるんだとは思いますが、僕は可能だと信じています。

彼らの多くは仕事の経験が殆どありません。

だから、まずは基礎研修から始め、従業員として既存店で修行を積んでもらってからフランチャイズオーナーになるというステップを用意しています。

ーーーなるほど、研修と現場で経験を積むことによって接客や経営スキルを0から学べるんですね。

この飲食店ではタコライスを売るんですが、店舗での調理工程も可能な限り簡単に設計しています。

一方で、オペレーションが簡単な分、「ただ”儲けることだけ”を目的としている企業」に真似されるようなことは避けないといけないので、商品のキモになる部分のレシピ開発にはかなり時間をかけていますし、完全非公開にしています。

1

2 3

関連記事

  1. カンボジアで見つけた循環型社会への道〜Grubin 川本亮さん〜

  2. アフリカの魅力を若い世代へ 国際協力にとらわれるな〜ALL ABOUT AFRICA 稲川雅也さん〜

  3. アフリカにIT教育と雇用を〜DIVE INTO CODE 野呂浩良さん〜

  4. カバから始まるAfrica Jeans Projectとは!?〜祇園涼介さん〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。