本田圭佑選手とともに目指す「“モノ”ではなく、”機会”の提供を」 ~SOLTILO二村元基さん~

今回は、SOLTILO株式会社で本田圭佑とともにカンボジアやウガンダなどでサッカークラブ運営事業を行なっている二村さんに話を聞きに行きました。

元々は、プロのサッカー選手になろうと思っていた二村さんがアフリカで事業を行うことを決意した理由とは?

プロフィール
SOLTILO株式会社
海外事業部 / アフリカ統括マネージャー
1986年10月26日生まれ、現32歳(本田圭佑と同い年)
愛知県名古屋市出身  5歳で父を亡くし、母子家庭で育つ
アシックス退職後、青年海外協力隊としてウガンダに派遣現地ではシングルマザーを雇用し、ウガンダ産レザーを使用したハンドメイド商品を開発、日本のフェアトレードショップを中心に販売する。
2017年12月より、ケニア/ウガンダ/ルワンダの機会に恵まれない子どもたちを対象としたチャリティプロジェクト「AFRICA DREAM SOCCER TOUR」を展開。

 

目次:
1.車椅子のS級ライセンスコーチ羽中田さんとの出会い
2.絶対的貧困と相対的貧困
3.【“モノ”ではなく、”機会”の提供を】3つの機会とは??

 

1.車椅子のS級ライセンスコーチ羽中田さんとの出会い

ーーー新卒でアシックスに入社されたきっかけはなんですか?

きっかけは、車椅子のS級ライセンスコーチ羽中田さんとの出会いです。

高校までサッカーをやっていましたが、プロにはなれないと早い段階で気づきました。

しかし、サッカーで飯が食いたいと考えていた私は、選手以外の選択肢としてクラブの運営で働こうと思うようになりました。

そこで、大学4年の時にカマタマーレ讃岐というチームにインターンをしました。

現在はJ3ですが、当時は四国リーグ1部でした。
そのまま就職し、チームを強くしていきたいと思っていました。

その時の監督である羽中田さんに

「二村君は、ここにいるとできる人になっちゃってるけど、社会に出たらそんなことないよ。できない自分を見たほうがいい。」

と言っていただきました。

その言葉を受けて、その時に内定の取れていたアシックスに行きました。

3年でカマタマーレに戻ろうと思っていましたが、お世話になっていた社長さんが変わってしまったため方向転換をしました。

どの道に進もうか考え直したときに、母子家庭サッカーの2軸あることが分かりました。

母子家庭の年収平均は300万に満たず、私の初任給より低いです。その現状を変えたいと思い活動を始めました。

 

1

2 3

関連記事

  1. 青年海外協力隊から今がある 〜開発コンサルタント 小林義則さん〜

  2. 元協力隊が語る「居酒屋」で国際協力とは!?~協力隊 SAKE BAR Tommy’s 鴇田知弘~

  3. 現役外資系コンサルタントの国際協力記

  4. 民間企業で見つける社会貢献のあり方〜エネルギー問題と向き合い〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。