カンボジアで見つけた循環型社会への道〜Grubin 川本亮さん〜

本日は現役東大医学部生でGrubin(グラビン)代表の川本亮さんにお話を伺いました。Grubinは、ハエの幼虫を使い生ゴミを分解して循環型社会の創造を目指しています。
川本さんは、実際にカンボジアに訪れた際にこの事業を考えついたとの事です。
では、早速その想いや、今後のキャリアなどをみていきましょう!

目次
1.国際協力を始めたきっかけ
2.大切にしているマインド
3.国境なき医師団へ

 

1.国際協力を始めたきっかけ

 ―――これまで国際協力を始めた時から、現在に至るまでの流れを詳しく教えてください。

大学1年生の11月にハルトプライズという国連がやっているビジコンに参加したのがきっかけです。そのビジコンが、途上国の課題解決を目指した学生の起業家を応援しようというコンテストで、賞金1億円ということもあって友達と3人で「ええやん、やろうよ」ってなりました。

私の行ったことのある途上国がカンボジアしかなくて、問題は何なんやろうという話になって色々調べた結果、路上に落ちている生ゴミの悪循環をなんとか解決しようと決めました。なぜ路上に堆積するのか考えた時に、課題はゴミが回収されないことだと気づいたのです。

堆積しているものは、分解する方法がよいと思い、論文調べた結果「アメリカミズアブ」というハエの幼虫が一番良いとわかりました。そこで、生ゴミをアメリカミズアブの幼虫が入ったボックスの中に捨てることで、腐る前に分解されるので衛生状況が良くなると考え、ボックスに入れてカンボジアの方々に実際に使ってもらったり、その重要性を伝える活動をしていました。

まだ国際協力というほど大きいものかわからないけれど、そのステップを踏み約1年半活動しています。

―――なぜ、NPOやNGO、JICAなど様々な選択肢がある中で、起業家になることを選んだのかを教えてください。

カンボジアの衛生改善をどうやるか考え、候補にあったのはおっしゃる通り以下の3つでした。

JICAの職員になる

NPOやNGOを立ち上げる

ビジネス

そこで、JICAやNPOの方々にもたくさん会いましたが、現地の人々を巻き込むにはどうしてもお金が必要になってくると思いました。

事情を説明すると、カンボジアの大学生は、私たちの活動を手伝ってはくれますが、持続的に回っていくためにはビジネスの形式を作らなければいけないと感じたのです。

そのため NPO よりもビジネスという形でちゃんとお金が回るような仕組みを作りたいと思ったのが、起業家になる決意をした一番の要因です。お金を現地の人に渡すサイクルを作るというのは、絶対根底にあったからNPO でもなくJICAでもない起業家という立場で入っていったのだと思います。

Grubinのカンボジアでのお金の動き方

1

2 3

関連記事

  1. カバから始まるAfrica Jeans Projectとは!?〜祇園涼介さん〜

  2. アフリカの魅力を若い世代へ 国際協力にとらわれるな〜ALL ABOUT AFRICA 稲川雅也さん〜

  3. 途上国スラムにおける貧困問題の解決〜坪田勝志さん〜

  4. アフリカにIT教育と雇用を〜DIVE INTO CODE 野呂浩良さん〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。