カバから始まるAfrica Jeans Projectとは!?〜祇園涼介さん〜

記念すべき第1回目のインタビューイーになってくださったのは、アフリカと途上国をジーンズを通して繋げるGHION DENIM PROJECTを行なっている祇園涼介さんです!うつ病発症やイギリス留学、商社勤務など様々な経験を持つ祇園さんが現在に至るまでにどういった道のりや思いがあったのかを聞いていきたいと思います。

プロフィール
1995年3月生まれ。岡山県岡山市出身
小学校〜高校まで野球一筋で育つ。
大学受験の失敗を機に野球を引退。
関西圏の私立大学に進学。
大学1年生でうつ症状と不眠症になり人生のどん底へ。


その後ふと見た野生のカバの動画に心を撃たれ、アフリカへの渡航を決意。
ケニアでの2か月間の野生動物保護プロジェクトでキリンの出産を成功させる。
1年間のイギリス留学を経てアフリカで働けるであろう総合商社に入社。
会社の事業ですぐにはアフリカに行くことができないという現実を知り、アフリカジーンズプロジェクトを立ち上げる。
入社10ヶ月で退職。現在は篠原テキスタイル様にてデニム武者修行中。

目次
1.アフリカで国際協力を始めたきっかけ
2.ファーストキャリアとしての商社
3.大切にしているマインド
4.理想の社会とは

1.アフリカで国際協力を始めたきっかけ

―――国際協力を始めたきっかけを教えてください。

国際協力の分野に入るかわからないですが、大学一年の時にケニアの野生動物保護プロジェクトにボランティアとして参加して、実際に見た光景や景色が、すごく印象的でした。

その体験がきっかけで、将来アフリカのために何かしたいと思い、現地で仕事をするために商社に入りました。しかし、アフリカに行くには7~10年かかるとのことで、自分の好きなものとアフリカをつなげようと思いました。


―――アフリカに行ったとき具体的にどのような経験をしてアフリカにかかわりたいと思いましたか?

アフリカには物がないと学校で教えられ育ってきましたが、行ってみると意外と都会だったりします。
汚いボロボロの服は、発展国から大量に送られてきて有り余っています。

このように、いらなくなったものを途上国に送って捨てるということに、憤りではないが違和感があり、エゴを感じました。

私は逆の動きもあっていいのではないかと考えます。アフリカの人たちが新品を着て、彼らの中古品を先進国に送ることで、お互いが一番高い価値を感じられるのではないかと。

アフリカで新品のものは、めったに手に入れることができないため、すごく価値が高いです。
一方、先進国では、ビンテージジーンズ市場があり、履き古されたジーンズなどが新品よりも高い価値で取り扱われています。

一番価値の高いところで結んであげるのが、一番よいのではないかと思っています。


1

2 3 4

関連記事

  1. アフリカの魅力を若い世代へ 国際協力にとらわれるな〜ALL ABOUT AFRICA 稲川雅也さん〜

  2. 途上国スラムにおける貧困問題の解決〜坪田勝志さん〜

  3. アフリカにIT教育と雇用を〜DIVE INTO CODE 野呂浩良さん〜

  4. カンボジアで見つけた循環型社会への道〜Grubin 川本亮さん〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。