「モンゴル」に新しい産業を創る理由とは??~ HushTug 戸田貴久さん~

本日は、遊牧民で有名なモンゴルでレザーブランド「HushTug」を立ち上げた戸田貴久さんにお話を伺いました。 

半分は興味本位で渡航したモンゴルで新しい産業をつくろう!と思い立ったその真相と、「泥臭く」モンゴルでの起業に挑戦してきた戸田さんだからこそ言える起業の心得、そして戸田さんが見据えるソーシャルビジネス像に、迫っていきたいと思います!

経歴
1990年鳥取出身29歳 岡山大学経済学部卒業後、鳥取銀行入行 1年で退職後上京しIT(ウェブマーケティング関連)で起業 興味本位でモンゴルに住み始める 事業売却で得た資金でHushTug創業 

 

目次:
1. モンゴルに新しい産業を生み出したワケ
2.「起業に本当に必要なのは、知識でもスキルでもない
3.「自分のやっていることを、ソーシャルビジネスだと思ってない」

1. モンゴルに新しい産業を生み出したワケ

―――本日はよろしくお願いします。早速ですが、現在の活動について教えてください。

今は「HushTug」というモンゴルレザーブランドの運営を行っています。

主に鞄などのレザー製品を現地で製造し、オンラインショップで日本人向けに販売しています。

―――なぜ、モンゴルで起業をしようと思ったのですか?

モンゴルと日本の経済格差や社会問題を目の当たりにしたときに、自分にできることをしたいと考えたからです。

今から3年ほど前、26歳の頃にグローバルに活躍できるビジネスマンになりたいと思っていた時期がありました。

そんなとき、偶然お世話になっている経営者の方からモンゴルに行くというお話を聞き

「一緒に付いて行ってもいいですか?」

と興味本位で訪れたのがモンゴルとの最初の出会いです。

事業計画などは何も考えていなかったところからのスタートでした。

少し重たい話になりますが、周りの知人たちが1ヶ月の間に5人の方が妊娠して、その内4人が流産してしまったことがありました。

日本でこんな話聞いたことないじゃないですか。

「原因は何なんだろう…??」と気になって調べてみると、モンゴルが抱える大気汚染が原因の一つでした。

モンゴルの冬はマイナス30度まで下がるんですけど、貧しい方々は電気がない場所(通称ゲル地区)で生活していることが多くモノを燃やして暖をとっています。

しかし、燃やす燃料がないのでゴミや捨てられたタイヤなどを代わりに燃やすんですよ。その汚い空気がモンゴルの首都ウランバートルに集中してしまい、大気汚染が世界最悪の水準に達しており、これは北京の約5倍と言われています。

政府はこの問題を認識しているにもかかわらず、すでに2〜30年間も解決できないでいます。

シンプルに目の前の友達が困っていて、それに対して何もできない自分ってどうなんだろうって思いました。

産業をつくって若い子たちが何かしらで経済的に自立できたら、すごくインパクトが大きいと感じました。

そこから本格的に、モンゴルで産業をつくろうと思い始めました。

 

 ―――モンゴル人ではなく、日本人に向けて販売しているのはなぜですか?

 モンゴルの経済を発展させるには、輸出が前提だと考えているからです。

モンゴル国内で、モンゴル人に、モンゴルのモノを売っていても、モンゴルは儲からない。

実はこのブランドを立ち上げる前に、モンゴルで別の事業をしていました。

若い子たちのチャンスを作るためにコワーキングスペースをやってみたり、妻がネイリストなのでネイルサロンをやってみたり。

しかし、これらはモンゴル国内にベクトルが向いているので、モンゴルにとってはあまり大きなインパクトがないと感じたんです。

そこで、「輸出」に着目し、外にベクトルを向け始めた結果、辿り着いたのが今のレザーブランドというアイディアでした。

今はコワーキングスペースとネイルサロンの事業は撤退し、HushTug一本でやっています。

―――そこで目を付けたのが、「レザー」だったということですか?

 そうです。

モンゴルは遊牧民の国なので動物がたくさんいるんですけど、それを有効活用できていない現状があって。

日本のノウハウとお金があれば、この優れた素材を使ってモンゴルに新しい産業を創りだせると考えたのが、HushTugの始まりでした。

 

1

2 3

関連記事

  1. 途上国スラムにおける貧困問題の解決〜坪田勝志さん〜

  2. アフリカの魅力を若い世代へ 国際協力にとらわれるな〜ALL ABOUT AFRICA 稲川雅也さん〜

  3. カバから始まるAfrica Jeans Projectとは!?〜祇園涼介さん〜

  4. アフリカにIT教育と雇用を〜DIVE INTO CODE 野呂浩良さん〜

  5. カンボジアで見つけた循環型社会への道〜Grubin 川本亮さん〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。