元協力隊が語る「居酒屋」で国際協力とは!?~協力隊 SAKE BAR Tommy’s 鴇田知弘~

『現地ではない国際協力への関わり方!』
本日は、元青年海外協力隊で、「協力隊 SAKE BAR Tommy’S 」という海外や協力隊に興味のある人が集まるバーを経営している鴇田知弘さん!
システムエンジニアの経験もある彼の国際協力観とは⁈

経歴
2008-2013 
IT企業にシステムエンジニアとして従事

2013-2014 
ワーキングホリデーでオーストラリアへ渡航
日本食レストラン(焼鳥屋)でアルバイト

2014-2015 
帰国後、六本木の焼鳥店、YAKITORI燃WESTで、 オープニングスタッフとして活躍

2016-2018
青年海外協力隊としてアフリカ・ザンビアで2年間のボランティア

2018.05.05 
協力隊 SAKE BAR Tommy’Sをオープン

目次:
1.協力隊 SAKE BAR Tommy’s 誕生のきっかけ
2.無関心を関心へ
3.現地に行くことだけが国際協力ではない

 

1.協力隊 SAKE BAR Tommy’s 誕生のきっかけ

ーーー国際協力の分野においてどのような活動をされていますか。 

 現在は、会社に勤めながら、浅草で協力隊 SAKE BAR Tommy’sという居酒屋を経営しています。 

なので、国際協力の枠の中では、何か大きな活動を直接的ではなく、間接的にやっている形になります。

 僕は、JICA(青年海外協力隊)としてアフリカに派遣され、帰国後、すぐに現場に行って何かをしたいわけではなかったんですよ。

それよりも、向こうで色々経験したことを日本にいる皆さんに伝えていきたいという思いの方が強かったです。

思った以上に行く前に考えていた途上国やアフリカのイメージと、実際の現状がとても違いました。

なので、そのイメージを変えていくためには、直接人に伝えることで情報を拡散していく活動もきっかけを与えるものになると思っています。 

  実家がもともとスナックやっていて、国際協力に関係性のあるような人たちが集まる場にし、いろんなコミュニケーションが生まれたら、面白いと思って始めました。 

ーーー当初思っていたイメージとどう違っていましたか? 

結論として、一番の違いは幸せに対する価値観です。 

アフリカの現地に行ってみて、

「なんだこのやかましい人たちは」

と最初に思いました。

彼らはアジア人に対してすごく絡んでくるんです。

この人間味というか、もう日本人には無い感覚に圧倒されました。

 それまでは、アフリカに対してネガティブなイメージが多く、不幸な生活を送っているという 漠然としたイメージしかなかったです。  

生活に関わる全ての水準は日本よりも低いですが、それでも彼らは彼らなりに生活し、幸せそうにしているんです。

食べるものがそんなに無くて、辛さもあるかもしれないけど、負のオーラを感じませんでした。

毎日を楽しく幸せに生きている印象でした。

なぜこれほど貧しくて辛い環境なのに、そんなに幸せに生きてられるのかなと不思議に思いました。 

そこに僕たちが見つけなければならない本質があるのではないかと考えます。

生まれ育った環境から全てが違うので、彼らの幸せの価値観は僕らのものさしだけでは計れない。

だから、単純にその僕らが彼らのように幸せになれるかっていったら難しいんです。

ーーー協力隊の活動に至る経緯を教えてください。

6年くらいシステムエンジニアの仕事をしていました。

なので、まさか自分がこのような活動をするとは思ってなかったです。  

プログラミングを教える鴇田さん

でも、24歳の時に結婚するかどうかという人生の瀬戸際がありました。

結局、その女性とは一緒になることが出来なく、一人になった時にすごい開放感があり、自分のやりたいことや可能性を試したくなりました。 

そこで、もともとアフリカに興味があり、世界を見るために行くことになり、決断してからは早かったです。

まず、どうやってアフリカに行けるか考えた時に、手段として色々ありました。

その当時、僕にとって可能性として残っていたのが青年海外協力隊。

国の事業なので、サポートも手厚いということで、JICAを受けようという決意をしました。

その後は、英語をまず一から学び直したいと思い、一旦会社を辞めて、ワーキングホリデーでオーストラリアに行きました。

そこから、計画通りにJICAの試験を受けて合格して、アフリカのザンビアに行き、現在に至ります。 

1

2 3

関連記事

  1. 現役外資系コンサルタントの国際協力記

  2. 本田圭佑選手とともに目指す「“モノ”ではなく、”機会”の提供を」 ~SOLTILO二村元基さん~

  3. 「寄付」という形で社会課題に貢献する#3〜コモンズ投信 馬越裕子さん〜

  4. 「寄付」という形で社会課題に貢献する#2〜コモンズ投信 馬越裕子さん〜

  5. 「寄付」という形で社会課題に貢献する#1〜コモンズ投信 馬越裕子さん〜

  6. 青年海外協力隊から今がある 〜開発コンサルタント 小林義則さん〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。