挑戦することをあきらめないで!~NPO法人アラジ 下里夢美さん~

起業家
Pocket
LINEで送る

今回は、シエラレオネで活動するNPO法人アラジ代表理事の下里夢美さんにインタビューをさせていただきました。

NPO法人アラジは、2014年から活動を開始し、2017年にNPO法人化、現在は現地シエラレオネで、「子どもたちに教育を、大人たちに仕事を」をミッションに、アフリカ布を使った雑貨の制作・販売事業や、子どもたちへの教育支援事業などを行っています。

シエラレオネの戦争孤児の男の子・アラジ君をTVのドキュメンタリー番組で観てから、支援を志した下里さん。

社会貢献を仕事にする詳しい活動や現地でのエピソード、活動するうえでの価値観などについてお話しを伺いました。

 

(1991年9月1日)山梨県に生まれる
(2009年3月7日)ドキュメンタリー番組「世界がもし100人の村だったら」で、シエラレオネの少年アラジに出会う
(2012年3月)バングラデシュNGO・BRACにてマイクロクレジットプロジェクト視察
(2013年)特定非営利活動法人「シャプラニール=市民による海外協力の会」 インターン
(2014年3月)桜美林大学 国際協力専攻卒業
(2014年9月1日)日本ファンドレイジング協会・准認定ファンドレイザー資格取得
(2015年)特定非営利活動法人「WE21ジャパン」有給広報スタッフ
(2017年7月7日)特定非営利活動法人Alazi Dream Project 設立 代表理事就任
(2019年3月)第一子出産
(2020年3月)第二子出産予定

 

シエラレオネで人々が夢に向かえるように

現在の活動

―――現在はどのような活動をされていますか。

現在は、シエラレオネの首都・フリータウンにおいて、5つの事業を行っています。

現地のテーラー(洋服の仕立屋さん)と一緒にアフリカの布を使って雑貨を制作・販売する事業や、2017年の土砂災害で災害孤児となった10名への継続した教育支援事業、また、農村部ポートロコ県においては、2つの小学校の教育支援事業及び、大人たちへの貧困削減プロジェクトを実施しています。

フリータウンの現地オフィスでは、ゲストハウスの運営も行っています。

 

アラジのビジョンの誕生秘話

―――アラジのビジョンと、その想いを抱くようになったきっかけを教えてください。

NPO法人アラジは、「誰もが夢にむかって平等にステップを踏める社会」をビジョンに活動しています。

こう思うきっかけは、大学生の時に参加した国際協力研修で訪れたバングラデシュでの経験です。

はじめて訪問したスラムの中の学校で、子どもたちに夢を聞く機会がありました。子どもたちは、「お医者さんになりたい」「パイロットになりたい」「学校の先生になりたい」と夢を語ってくれました。

その夢を聞きながら、私は「ああこの子たちの誰もが、その夢を叶えるのは難しいだろう」と思ってしまったんです。

キラキラした笑顔と対照的に、子どもたちの現実はとても厳しく、そのギャップにとてもショックを受けました。

その時に、「夢を持った人の誰もが、平等に努力することのできる社会にしたい!」と強く思いました。

それは、シエラレオネで活動していく上でも、大切なビジョンの一つです。

 

テーラーさんと一緒に商品制作指導中の様子

 

なぜシエラレオネでNPOを立ち上げたのか

―――下里さんはシエラレオネにこだわりがあって、現地でNPOを立ち上げようと考えたのですか。

そうですね、とにかく、自分の志の原点である、シエラレオネという地域の問題解決をしたかったので、NPOを自分で作ろうと決意しました。

NPO法人にした理由は、活動を応援いただく皆さんから寄付を継続的に集め、運営していくのに一番効率が良いと考えたからです。

 

―――NPO法人に登記したことで、得られたメリットはありますか?

それはありますね。

例えば、NPO法人に登記したことによって、やはり啓発活動をする際に信用度が増し、皆様から寄付は得られやすいですし、特に、小学校や大学などの講演会では、企業よりも、NPO法人の代表としてのほうが、ご依頼をいただきやすいと感じます。

Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました