現役外資系コンサルタントの国際協力記

今回は、国際開発分野でのキャリアを志向している学生や若手社会人を支援するための国際開発プランニングコンテストや、国際開発の知見の共有や関係者のネットワーキングのための勉強会iDev Cafeを運営しているidpcの代表の真鍋希代嗣さんにお話を伺いました。

その他にも、イラクでJICAの企画調査員、世界銀行でコンサルタントとして勤務されるなど、国際開発分野で幅広くご活躍されている真鍋さんの国際開発に興味を持ったきっかけやキャリアについて、迫っていきたいと思います。

 

 プロフィール

日本国内の大学で物理学を、大学院の修士課程で国際協力学を専攻後、外資系コンサルティングファームに3年勤務。

その後JICAの経済・社会基礎インフラ整備の専門家(企画調査員)としてイラクで2年間、現地政府の海外投資呼び込みやインフラ整備を支援。

留学準備中にベトナムでのラーメン店開業を経て、米国のジョンズホプキンス大学のSAIS(高等国際関係大学院)で二つ目の修士号(国際開発学)を取得。

世界銀行でコンサルタントとして働いた後、現在は外資系戦略コンサルティングファームに勤務。

 

目次
1.国際開発業界へのきっかけ
2.イラクでのJICA企画調査員の活動、アメリカの大学院留学、ベトナムでラーメン屋の起業
3.国際開発業界を目指す方へのメッセージ

 

1.国際開発業界へのきっかけ

ーーー国際開発に興味を持ったきっかけは何ですか?

大学生のときに開発途上国出身の友達が出来たことです。

学部では物理学を勉強していて、将来は海外で研究したいと思っていました。
なので、長期休暇等を利用して海外に英語を勉強しに行っていたんです。
ニュージーランドの語学学校に通っていた時に中国や東南アジアから来ていたクラスメイトたちと仲良くなりました。

そこで、自分と彼らとの置かれた環境、特に与えられる機会の違いを理解し、問題意識を持つようになりました。

それまでは、自分が行きたかった大学に入学できたのは自分の実力のためだと考えていましたが、教育制度や雇用の安定という国の経済社会基盤なしには実現し得なかったことに気が付きました。

もう一つのきっかけとして、当時自分が研究していた分野に多額のお金がかけられていたことがあります。

素粒子の研究をしており、所属していた研究室が年間予算数千億円規模の大掛かりな国際実験プロジェクトに参加していました。

学部生の自分の研究にも相当なお金がかかっていて、宇宙誕生の解明の役に立つとはいえ、直接社会の役に立つことを目的としていない研究に莫大な予算を投じてよいのか不安を覚えました。

今では基礎研究の意義を理解していますし、必要なものだと感じていますが、当時は気持ちに折り合いがつきませんでした。

物理の研究は知的好奇心を満たすという点では面白い世界でしたが、より直接的に人の役に立つことにお金や自分の人生を使いたいという思いが強くなってゆきました。

国際開発は、困難な立場にある人々のための仕事であり、かつ海外で働きたいという思いも満たせるのではないかと考えたのです。 


国際開発の仕事が100%本当にやりたいことなのかは正直いまだに自分でもわかりません。
物理の研究をしていた時は寝食を忘れて没頭できましたが、国際開発の分野でもそうかというとそうでもありません。

ただ、自分にある選択肢の中では社会的な意義が高いと納得できますし、誰にでもできる仕事ではないと思いますので、これまで続けてきています。 


 ーーーファーストキャリアはどのように選びましたか?そこではどのようなお仕事をされていましたか?

学生の時に国際開発の分野でキャリアを積みたいと考えてはいましたが、ファーストキャリアではパブリックセクターではなく、まずは民間の世界で働こうと思っていました。

国際開発に進んだ時にパブリックセクターしか知らないよりは民間セクターも知っていた方が出せる価値が大きいのではないかと。

いろいろな業種を見比べた中で、コンサル業界が一番厳しそうな世界に感じて、修行として行くにはよいかなと思いました。

将来海外で働くことは決めていたので、日本国内での知名度よりも世界的に知られている企業が良いと思い、外資系コンサルティングファームを選びました。

このファームには計3年ほどいましたが、前半は民間セクター、後半は主にパブリックセクターの案件に従事しました。

前半は日本企業の組織再編やオペレーション改善、システム導入などのプロジェクトに携わりました。

後半はパブリックセクターの仕事をしたいと思い、社内ネットワーキングを頑張って、興味のあるプロジェクトを持っているマネージャーに積極的にコンタクトしていました。

パブリックセクターではレポートが成果物であることが多く、高い文章力が求められます。
文章力にはある程度自信があったので、担当マネージャーに自分が学生時代に書いた論文などを見せ、文章力をアピールして希望するプロジェクトに入れてもらいました。

見せたのは素粒子について書いた学部の卒業論文と、スリランカの民族紛争について書いた修士論文でしたが、これらが仕事で役に立つ日が来るとは思ってもいませんでした(笑)。

そこで参加させて頂いたプロジェクトは、具体的には政府系機関と一緒に日本企業の新興国進出を支援するような仕事です。
南アジアやアフリカの現地に行く機会も多く、国際開発を見据えていた中で良い経験をさせてもらえたと思います。


ーーーロールモデルはいらっしゃいますか?

見習うべき人はたくさんいますが、国際開発に関して言えば、

JICAイラク勤務時の上司として開発のプロフェッショナリズムを教えてくださった原昌平さん

世界銀行で私の上司であり彼にしかできないプロジェクトを世銀で動かされている金平直人さん

必要だと判断したことのためには自らの犠牲も辞さない姿勢を貫かれている世界銀行の松永秀樹さん

世界銀行でエボラ熱緊急対策チームを引っ張られ大活躍された馬渕俊介さん

などは優秀なだけでなく仕事への熱い情熱を持たれていて魅力的な方々です。

馬渕さんは私がコンサルティング業界に興味を持つきっかけをくださった方でもあります。

また、お会いしたことはありませんが、日本人ながらルワンダ中央銀行の総裁として同国の経済復興に貢献した服部正也さんの著書にも感化されました。

 

1

2 3

関連記事

  1. 本田圭佑選手とともに目指す「“モノ”ではなく、”機会”の提供を」 ~SOLTILO二村元基さん~

  2. 民間企業で見つける社会貢献のあり方〜エネルギー問題と向き合い〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。