ヘッダースライダー 企業を知る 地方創生

【株式会社LIFULL 内定者】社会貢献が仕事になる社会を創るために~吉田宏輝~

今回は株式会社LIFULLに内定した吉田宏輝さんにお話を伺いました。

「社会貢献を仕事に」をコンセプトに当メディアを運営してきた吉田さんが、就職先としてなぜ株式会社LIFULLを選んだのでしょうか?

プロフィール

吉田 宏輝(よしだ こうき)
東京理科大学経営学部4年
「社会貢献を仕事に」というコンセプトで活動する当団体COCOCOLOR EARTHの代表。100人以上の社会活動家のキャリアを伝えるインタビューメディアの運営をしている。
社会課題を解決しながら利益も上げ続けるソーシャルエンタプライズである株式会社LIFULLに内定。

インタビューメディアを立ち上げた学生時代

ーーー学生時代はどのような活動をしていましたか?

当インタビューメディアCOCOCOLOR EARTHを立ち上げ運営してきました。

このメディアは、「社会貢献を仕事に」というコンセプトで社会活動家のキャリアを記事や動画を通して伝えています。

誤解を生みそうなので補足すると、僕の社会貢献の定義は、経済成長を優先しすぎたことによってもたらされる問題に取り組むことです。

その他、フリーライターや人材会社での長期インターン、学生団体の立ち上げなどを行ってきました。

詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください。

ーーーありがとうございます。吉田さんが社会課題に関心を持った原体験やきっかけはありますか?

強い原体験というものは持ってないですね。

ただ、ある本に出会ったのは大きいかもしれないです。

中学生の時に部活の練習のやりすぎで、膝と腰を痛め、全治1年の怪我を負ってしまいました。

怪我で最後の大会には出れず、時間を持て余していた僕は本を読み漁っていました。

その時に、たまたまソーシャルビジネスに近い内容の本を読み、なんとなく社会課題を解決できるような経営者になりたいと思うようになったんです。

なので、これが原体験に近い経験かなと思います。

ーーーどんな学生生活を過ごしていましたか?

大学1年生の時は、バイトと遊びの日々でした。

ただ、大学2年生になって、経営を学びたいという思いが強くなり、色々な方の話を聞いて回りました。

その中で、NPO職員の年収の平均値が約260万円という話を聞き、世の中に違和感というか、憤りみたいなものを持ちました。

社会貢献やボランティアなどが平均年収以上稼げるような職業にしたいと思うようになったのです。

そこからは、学生団体やメディアを立ち上げたりしてきました。

 

就職というキャリアを選んだ理由

ーーーメディアを自ら立ち上げたにも関わらず、就職を選ばれたのはなぜですか?

就職を決めた理由は2つあります。

①活動を通じて感じた力不足

COCOCOLOR EARTHには、社会人の方が10人ほどいます。

その方々と活動する中で社会人基礎力の違いや仕事の精度など力不足を痛感する機会が多々ありました。

また、一年間の休学を通して収入の目標を立て、就職するか否かを決めていました。

②大きな規模でチャレンジを

社会構造にインパクトを与えるような仕事をしたかったのがもう一つの理由です。

今の活動では、まだまだインパクトを与える範囲が小さく、若いうちに経験を積みたいと思いました。

このような考えから、2021年1月末ごろから本格的に就活を始めました。

大切にしていた就活の軸

ーーー就活での軸を教えてください。

就活の軸は大きく以下のが3つありました。

・団体の代表と両立して働ける
・理念やビジョンの一致度
・新規事業を立ち上げられる

軸の1つである「団体の代表を務めながら新卒として働ける」会社は、なかなかないので企業選びは大変でした。

就活がうまくいかない時期には、両立できるか自信がなくなってしまったのも事実です。

そんな中、「両立したいのであればすればいい」と背中を押してくれたのがLIFULLでした。

もちろん、両立はとても難しく覚悟をしています。

ーーー代表と両立できるLIFULLのような企業はどのように見つけましたか?

兼業や副業が可能かどうかを確認していました。

また、面接時に過去の活動や、団体の代表と両立したいと正直に伝えていました。

COCOCOLOR EARTHの活動の意義は、なかなか伝わりにくいです。

だから、面接官が想いに共感してくれれば、自分に合う企業だと判断していました。

内定を承諾した理由

ーーーーLIFULLの内定承諾の決め手は他にありますか?

大きく分けると2つあります。

「理念やビジョンの一致度」「働く人の視座の高さ」

「理念やビジョンの一致度」では、自律分散型社会や限界費用ゼロ社会などを目指していることから、社会課題を根本からなくそうとしていることに共感しました。

また、ホームページや人事の方が書いている本を読み、理念やビジョンの意味を自分なりに汲み取っていました。

「働く人の視座の高さ」については、OB訪問やイベントで登壇していた社員の方全員が社会課題に対して本気で向き合っていると感じました。

また、内定者とも顔合わせする機会があり、一人一人のビジョンについて語り合いました。

語られるビジョンは自分がどうなりたいというものではなく、どのような社会を創りたいかというものばかりでした。

まさに、LIFULLの社是である「利他主義」の考えをみんな持っていたんです。

こんな環境は他にはないと感じました。

ーーーー内定先で不安な部分はありますか?

ないですね。

強いていうなら、もともと不動産に興味があった訳ではないので、そこが不安要素でした。

しかし、不動産に携わりたくてLIFULLに入社した人があまりいないこと、フードロスを解決する事業やNPO団体の支援事業などを立ち上げている方がいることを知り、不安は解消されました。

今は不安よりも、全力で働いて早く結果を出していきたい想いが強いです。

社会的企業の探し方

ーーー定めていた軸に当てはまる企業はどのように探していたのですか

大きく次の3つの方法で探していました。

「就活サイト」「ESG投資系サイト」「人に聞く」

就活サイトでは、逆求人サービスとGoodfindを使っていました。

逆求人サービスでは、自分の学生時代の取り組みややりたいことに共感してスカウトをくれるので、社会的な企業とつながるきっかけになります。

ESG投資系サイトでは、「鎌倉投信」「コモンズ投信」などの投資先から会社探しをしていました。

特に鎌倉投信をチェックしていました。

あとは、ひたすら人に聞いていましたね。

数珠つなぎに人を紹介してもらって、大体15人くらいの方に相談させていただきました。

ーーー内定先以外ではどのような企業を受けられていたのですか?

サイボウズ株式会社、株式会社リブセンス、株式会社LITALICO、株式会社ネットプロテクションズなどです。

就活を控える方々へメッセージ

ーーーこれから就活をする方へメッセージをお願いします。

1つお伝えしたいことがあります。

それは、取り組みたい課題に対して、学生時代に本気で取り組むことです。

選考が早期化しているため、早い人は2年生から対策を始めている人もいるかと思います。

これは私の一意見ですが、就活対策を始めるよりも自分が解決したい課題を見つけ、取り組むことで、結果的にそれが説得力のあるガクチカになると感じます。

大変なこともたくさんあると思いますが、途中で投げ出さず納得いくまで自分と向き合ってみてください。

-ヘッダースライダー, 企業を知る, 地方創生