平和で公平な社会の実現に向けて〜松尾沢子さん〜

今回は国際協力NGO JANICと米国に本部のある一般社団法人International Medical Corps日本の二つの団体で活動をしている、松尾沢子さんにお話をお伺いしました。

JANICではコーディネーターとして、NGO団体向けに自己診断ツールの作成を通して社会からの信頼を得ていく組織になる活動や、自然災害や紛争から生まれる被災者や難民への人道支援に関する国際基準の普及を担当しています。

一方、International Medical Corpsでは日本で災害が起きた際にアメリカから支援を行うための日本事務所の責任者を務めているそうです。

このように、多方面から国際協力を行う松尾さんの思いや考えに触れていきましょう!

 

目次:
1. 冷戦下で友達の姿から学んだこと
2. 世界に偏見を持たず客観的に己を見る
3. 社会にも自分にも/権利がキーワード

 

1. 冷戦下での友達の姿から学んだこと

 
―――これまで国際協力を始めたときから、現在に至るまでの流れを詳しく教えてください。

私は上智大学を卒業した後、JICAへ就職しました。


JICAでは研修事業部で3年働いた後、外務省へ出向、NGO等のJICA以外のアクターとの連携制度の企画や促進、総務部門の仕事をしました。

特に外務省に出向の時にはOECD(経済協力開発機構)の開発援助委員会(DAC)を担当し、各国の政策を聞きつつ、日本の意見をDACの開発政策に反映する仕事を担わせていただきました。

その経験から国際協力における各国政府や国際機関、民間財団やNGOの存在を知りました。

その後、国際協力や社会課題を解決する取り組みは、政府系の機関だけでは発展しない、もっと民間、特に市民社会に立脚するNGOががんばらないといけないなと思うようになりました。

そのことから、NGO側に関わりたいなと思い、JICAからネットワークNGOとしてNGOセクター全体に関わることができるJANICに転職しました。

 
―――そもそも、上智大学からJICAに就職するまでのきっかけはありましたか。

発展途上国の人々やこれからの世代の、人生の選択肢を増やす仕事をしたいと思ったことがきっかけです。

上智大学への進学時はジャーナリズムに関わりたいと思っていたので、文学部新聞学科を選びました。

しかし、勉強していく中で記者や編集者になるためには専用のトレーニングがあることに気付きました。

また、ジャーナリズムには情報の受け手が意識をもって接する必要があると感じ、「情報の発信源」ではなく、適切に情報を選び理解できる「情報の受け手」になろうと考えが変わりました。

就職活動の際に、父の仕事の関係でアメリカの小学校にいたころのことを思い返しました。

当時の学校にいた友達の出身国は多様で、中には発展途上国出身の友達もいました。
小学生の頃はその子たちの母国の社会や文化、暮らしのことについてあまり関心を持ちませんでした。

しかし、私が高校生のころに東西冷戦が終わり、ユーゴスラビア出身の友人のように母国を失うなど同世代が時代に翻弄される事態がおきました。

同じ世代でも違う人生があり、またさまざまな形での不公平があるんだと感じました。

すべてを解決することはできなくても少しでも不公平を減らし、自分なりの人生をいきる選択肢をつくることに関わりたいと考えました。

そのためには、どう社会と関わっていくかと考えた結果出てきたのが国際協力でした。

 

1

2 3

関連記事

  1. NPO起業でヒーローを育てる~「経営」×「国際協力」の考えとは~ NPO法人 The Peace Front共同代表 新谷佑也さん

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。