活動家インタビュー 社会起業家

あらゆる「繋がり」を感じられ、誰一人取り残さない社会を目指して~株式会社東京バル 筒井玲子~

今回は、あらゆる「繋がり」を感じられ、誰一人取り残さない社会の実現を目指して、プラントベースの食品企画・販売、また障がい者の就労支援を行う筒井さんにお話を伺いました。

ミス・ユニバースに出場したことがきっかけで、様々な社会問題に目を向け始めた筒井さん。サイバーエージェントでの勤務経験から、現在の事業に至るまで。1つの社会課題に止まらず「繋がり」をテーマとして取り組みを広げるその思い、また将来の展望も含めたお話までお伝えします。

*プラントベース:全て植物由来原料から作られていること

プロフィール

筒井玲子
1992年生まれ。
明治大学卒業後、サイバーエージェント(広告代理事業)入社。
その後、スマホアプリなどのマーケティング、夫婦で飲食経営などを行う。
ミス・ユニバース(2015年全国大会)出場をきっかけに、健康啓発や環境保全などのチャリティー活動を行っている中で、日本が食育に関して後進国なのを知りEASY VEGAN・My Best Cellarなどのブランドをスタート。

現在の活動

ーーー現在の活動について教えてください。

「食卓から社会へ還元を」をテーマに、週1回から始めるプラントベース生活をサポートする「EASY VEGAN」と、サスティナブルワインとヴィーガンおつまみの専門ショップ「My Best Cellar」などの運営をしています。

ーーーヴィーガン製品にはどのような商品がありますか?

弊社の人気商品として、パルメザンチーズの代替として使用できる「FLAKE」があります。

酒粕を使って作っているところがポイントです。

海外では様々なヴィーガンチーズがありますが、酒粕を使うことで日本ならではのプラントベースなスタイルの提案に繋がっています。

また、女性や子どもに大切な葉酸や、ベジタリアンやヴィーガンの方に不足しがちなビタミンB群を補えるので、特に女性から人気を得ています。

社会課題に取り組み始めるまで

ーーー社会課題に取り組みたいと思ったきっかけは何ですか?

大学生だった時に、ミス・ユニバースの全国大会に出場したことがきっかけです。

ミス・ユニバースは、美を競い合うだけでなく社会貢献活動に従事することが求められます。

残念ながら日本代表は叶いませんでしたが、ファイナリストとして社会活動家・NPOの活動をされている方とお会いする機会が多くありました。

そのような経験を積む中で、自分も社会課題にアプローチしていきたいと思うようになりました。

ーーーミスユニバース出場前から社会課題に関心はありましたか?

そうですね。関心はあったと思います。

中学生の頃に、留学先でボランティア参加などをしていました。

社会問題に関する小さな経験の積み重ねがあった中で、ミス・ユニバースでの経験が集大成となって、社会課題に対する行動を起こそうと思い始めました。

サイバーエージェントに就職をした理由

次のページへ >

-活動家インタビュー, 社会起業家