政府からみた国際協力の行方〜農林水産省 西村はじめさん〜

今回は現在農林水産省に勤務しており、途上国と日本の関係性を向上させるために政府という立場から国際協力の活動を行っている西村はじめさんにお話を聞きました。TICAD(アフリカ開発会議)やチュニジアへの出向など、現地での活動も行ってきた彼の思いとキャリアとは!?


プロフィール
大学では福祉政策を学ぶ
福祉系のNPOで働いた後農林水産省へ
入省後は農地制度、農業の担い手育成、食料・農業・農村白書、農業税制、国際関係などを担当
3年間の大使館出向中は、経済協力、技術協力、広報文化、日本企業支援などを担当

目次:
1. 政府機関で働くとは?
2. 国際協力のきっかけ
3. 今後の国際協力

1. 政府機関で働くとは?

ーーー  今はどんな活動をされていますか?

農林水産省国際部に所属しています。

国際部は、
農林水産業や食品産業が関係する国際交渉」
「途上国への国際協力」
「農林水産物の輸出や企業の海外進出が上手くいくよう、農業者、企業、消費者、農林水産省内の各部局の意見を聞きながら、より良い環境作り」
を行う部署です。

私自身は、農林水産省の一員として、その時にやるべきこと、やれることを、上司と相談しながらやっています。

最近では、TICAD7の担当をしました。

TICAD(アフリカ開発会議)は、3年に一度開催されている、日本とアフリカの首脳が集まる会議で、その7回目の会議(TICAD7)が8月下旬に横浜で開催されました。

私は以前、在チュニジア日本大使館に出向させてもらった経験もあったので、TICAD7の農林水産省担当者の一員にしてもらえました。

アフリカでは7割近くの人が農村に暮らしているので、農業はとても重要な産業です。

農林水産省では、アフリカの農業開発に様々な支援をしていますが、貴重な税金が大切に使われ、アフリカの発展に意味があるものになるよう、農林水産省から専門家を派遣したり、現地の日本大使館やJICA事務所と協力したりして、より意味のある協力内容を目指しています。

ーーーチュニジアではどんな活動を行っていましたか?

農林水産省からの出向で、在チュニジア日本大使館で2009年から2012年まで働きました。

大使館にいたので、農林水産省の一員というよりは、日本政府全体の仕事が中心となりました。

例えば、日本人がチュニジアで安全に旅行したり、ビジネスをするにはどうしたら良いか、日本がチュニジアでもっと信頼されるようになるかを考え、JICAチュニジア事務所と相談しながら新しい協力内容やボランティアの派遣先を考えたり、日本文化の広報活動などを行っていました。

大使館での勤務だけではなく、全ての経験・時間が仕事の情報源となりました。

例えば、家族でチュニジアの地方に旅行に行くだけでも、各地域で売っている食料品の産地や価格、走っている車の種類、道路の整備状況、カフェで話した現地の人の仕事など、全てを生かして、協力が必要な分野や地域を考えていました。

ーーー政府機関で働くメリットを教えてください。

国民全体に影響を与える政策決定に関われることです。

それと、例えば農林水産省であれば、農林水産業者、食品の製造業者、流通業者、小売・外食、また、それぞれの資材(農業機械や肥料や包装材など)の製造業者、農産物の輸出入業者など、農林水産業を起点としたさまざまな業界で働く人たちと関わることができます。

幅広い世界を知って、全体の最善策を考えられることが、魅力だと思います。

1

2 3

関連記事

  1. 日本の教育は最先端!?〜UNESCO 斎藤珠里さん〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。