民間企業 活動家インタビュー

失敗で失うものは無い~MJI Enterprise Co.ltd 小路麻美~

学生時代から様々な紆余曲折を経て今に至っているからこそ、現在の活動を全力で楽しめている小路さん。

第3弾では、仕事をするにあたって彼女が大切にしているマインドセットや、キャリアに悩める学生へのメッセージを紹介したいと思います。

プロフィール

1981年生まれ。
同志社大学卒業後、国税局に勤務。息子を出産したことをきっかけに、女性の働き方や自分のそれまでの生き方に疑問を感じ、約15年勤務した国税を退職。
現在はミャンマーのMJI社において、貧困層の女性の社会的・経済的地位向上を目的としたマイクロファイナンス事業に携わり、社会的効果・価値に関する指標策定等を行っている。
このほか、「社会的価値をビジネスのチカラに」をスローガンとするトークンエクスプレス株式会社において、社会課題解決と経済的利益の実現を同時に実現したい企業のためにサービスを提供。
また、ライフワークとして、自身の経験から、中絶した女性へのサポートの拡充、多様な女性の選択を後押しする社会の創造を目指している。

現職で大切にしている考え

ーーーマイクロファイナンス事業では貧困層の女性を対象にすると思いますが、そのときに意識していることは何ですか?

施す意識を持たない」ということです。

JICAで海外投融資案件に関わるまで、私の中で途上国支援といえば寄付などのイメージが強かったです。

一方、海外投融資はローンなので、貸す側が借りる側の可能性を信用していないと成りたちませんが、これも途上国支援の1つの方法なのだと学びました

だから、貧困層の女性をマイクロファイナンス事業で支援する際にも、「相手は無力だ」とか「こちらが何かを与えてあげる」といったスタンスでは成り立ちません

 

キャリアを考える上で大切なこと

ーーー女性はキャリアを考える際、無意識に結婚・妊娠を自身のキャリアコースに組み込んでしまうことが多いと思います。
しかしそうすると、どうしても諦めなければならないことが出てきてしまう場合もあるかと思います。小路さんは今までの人     生の中でそういった課題をどう自身のなかで消化されてきましたか?

消化してないことがたくさんあるからこそ、今チャレンジしていることがたくさんあるのだと思います。

両立という言葉は、「一挙に複数のことを同じ熱量で並行させなければならない」ことを意味している気がするのであまり好きではないです。

それにそんなこと難しく、とうていできるものではないかな、と思います。

これまでの女性がキャリアを持続するには、それこそカートをはいた男性であれ」と女性に求めるようなものではないかな、と思います。

とはいえ、結婚・妊娠や自身のキャリアでやりたいこと、全部を両立するのは無理だからといってどれかを諦める必要はないのです。

時間は限られていますから、自身の人生でやりたいことをそれぞれのフェーズで濃淡を付けてやるというのが、自分の中で一番腑に落ちているキャリアの考え方です。

だから、何かを手にするには何かを諦めなければならないというマインドセットなのであれば、諦めずに自分のやりたいことをやりたいときにチャレンジすべきだと考えます。

ーーーもし今大学生に戻れるのであれば何がしたいですか?

自分のことを全部自分の中だけで処理しようとするのを辞めた方が良い」と当時の自分に言いたいです。

当時の私は自分のことを全て自分でやらなきゃいけないと思って必死だったため、周りはどうして自分のことを助けてくれないんだろうという感情を抱いていました

しかし結局、自分1人で全て処理しているというのは他人を信用していないことの表れだと思います。

世界はみんな自分のことを愛したがっているし、助けたがっているぐらいに思った方が良いですね。

読者へのメッセージ

ーーー将来のキャリアを考える人に向けてメッセージをお願いします。

私の親友は、いつも私が自分のやりたいことを何か達成するたびに“You deserve it. (あなたにそれが相応しいからよ。)”と言ってくれていました。

その言葉を私は、「人が何かをチャレンジしたいという気持ちになるのは、その人がそれを実現する可能性を秘めているからだ」と解釈しています。

やりたい気持ちに制限をかけてチャレンジしないのは常に自分です。

失敗しても失うことは何もなくて、実は必ず何かを得ています

だからやりたいと思うことはやった方が良い。

「どうやったらできるかな?」って考えて、発信しているうちに何となくできるようになります。

実は、これだけ知っていれば絶対に幸せになれるという魔法の知識があります。

それは、「わたしは本当に幸せな状況になれる」と本当に信じることです。

結局のところ、どこかで自分の行きたい道に進んでも幸せになれないんじゃないかと疑う心があるからこそ、チャレンジに恐怖を感じてしまうのだと思います。

現在、小路さんが働かれているトークンエクスプレス社では人材を募集されています、

興味のあるの方は是非下記のリンクにアクセスしてみて下さい。

https://token-express.com/magazine/recruit_bizdev_1/

自分の生きたいように生きることがいかに大事であるか教えてくれた小路さん。

彼女の歩んできたキャリアパスから何かヒントは得られたでしょうか?

次回の記事もお楽しみに。

ライタープロフィール

金子歩乃歌(かねこほのか)
「性別が個人の夢を邪魔しない世界」を創りたい。
将来は、男尊女卑の残る地域で女子教育の普及に関わる予定。
Twitter:@honoka_color

-民間企業, 活動家インタビュー