ジェンダー 社会課題コラム

一夫多妻制の国ってどこ??認められる国と認められない国を解説

一夫多妻制とは、1人の男性が複数の女性と暮らすことを認めることです。

近年では、社会の安定に伴って一夫多妻は減少していることがわかっています。

しかし、一夫多妻制を認める国は、今もなおあります。

一夫多妻制が認められる国はどこなのでしょうか?

早速見ていきましょう。

一夫多妻制とは

一夫多妻制とは、1人の男性が複数の女性と暮らすことを認めることです。

知っての通り、日本は一夫一妻制です。

配偶者のある者が離婚しないで重ねて婚姻をしたとき、重婚罪として、2年以下の懲役が処せられます。

しかし、世界には一夫多妻制を認める国もあります。

関連記事:
≫日本にもあった!?一夫多妻制という優れた制度

一夫多妻制を認める国

一夫多妻制はアフリカに多いです。

特に、西アフリカでは、一夫多妻制の婚姻率が高いと言われています。

西アフリカでは、ブルキナファソやマリ、セネガル、ナイジェリアなど。

また、東アフリカでもウガンダやタンザニアでも婚姻率が高いです。

これは、イスラム教の聖典「コーラン」の中で平等を条件に重婚が認められているため、イスラム教徒の多い国では一夫多妻制の婚姻率が高くなります。

そのため、イスラム教徒の多い西アフリカで一夫多妻が多く、キリスト教徒が多い東アフリカでは少ないことが推測されます。

一夫多妻制に制限がある国

一夫多妻制に制限がある国もあります。

制限のタイプ別に見ていきましょう。

裁判官の許可が必要な国

重婚する際に裁判官の許可が必要な国もあります。

EX.シリア、イラク、パキスタン

イスラム教徒のみ認められている国

イスラム教徒のみ認められている国はアジアで多く見られます。

EX.エリトリア、インド、フィリピン、シンガポール、スリランカ

一部の地域のみ認められている国

インドネシアでは、一部の地域のみ一夫多妻制が認められています。

一夫多妻制を認めない国

一夫多妻制を認めない国は、違法だが犯罪とならない場合と違法で犯罪となる場合があります。

国の法律では、一夫多妻制が認められていない国も多数あります。

しかし、その中で、犯罪となるかどうかは国の対応が異なります。

違法だが犯罪とならない国
EX.ロシア
違法で犯罪となる国
EX.日本、オーストラリア

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一夫多妻の婚姻率は年々減少していますが、一夫多妻を認める国は今なおあります。

一夫多妻制を認める国は、西アフリカに多いことがわかりました。

これは、イスラム教の聖典「コーラン」の中で平等を条件に重婚が認められているため、イスラム教徒の多い国では一夫多妻制の婚姻率が高くなるからです。

関連記事:一妻多夫性とは?認める国や日本の歴史、南アフリカの事例を解説!

-ジェンダー, 社会課題コラム