民間企業で見つける社会貢献のあり方〜エネルギー問題と向き合い〜

2. IAEAインターンの出会い~トビタテ留学JAPAN~


ーーーそんなIAEAでのインターンにはどのようなきっかけがあって参加されたんですか?

国際的な視野で原子力発電の是非を見極めたいと強く思うようになり、トビタテ留学JAPANに応募ししたことがきっかけです。

大学を経て原子力発電を深く学びたいと思い、大学院に進学したのですが、いざ自分のキャリアを考えたとき、原子力業界を選ぶべきか否かにすごく迷ったんですよね。

東日本大震災もあって業界自体に対する今後の不安や親などのをはじめとする周りの人の心配もありました。

何より、原子核工学を専攻する身の上であるにも関わらず、原子力発電に対する自分の意見が確立できていないもどかしさがありました。

原子力発電が現場でどのように役立っているのかを実感するため、国内原発企業のインターンシップなど等などにも参加しました。

しかし、原発事故後の日本では福島の影響、廃炉作業、国内原発の再稼働などに話題が集中し、視点が限定的であるように感じました。

そのような経緯でIAEAでのインターンに参加しました。

1

2

3

関連記事

  1. 本田圭佑選手とともに目指す「“モノ”ではなく、”機会”の提供を」 ~SOLTILO二村元基さん~

  2. 現役外資系コンサルタントの国際協力記

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。