勉強に部活に家族の世話や介護に、、、「ヤングケアラー」って知ってますか?

メンバーコラム
Pocket

あなたは「ヤングケアラー」って聞いたことありますか?

実はあなたの周りにもいるかもしれません。

最近よく耳にする「ヤングケアラー」ってなに?

厚生労働省によると「ヤングケアラー」とは、本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っている子どものことです。

具体的には18歳未満の子どもで、兄弟の世話や両親、祖父母の介護、病気や障がいをもつ家族の世話に加え、料理や買い物、洗濯などの家事をしています。

他にも、日本語が第一言語ではない家族のための通訳や、アルコールや薬物、ギャンブルの問題を抱えている家族の世話、感情面のケアなどをしています。

去年(2020年)12月から今年1月にかけて文科省と厚労省による調査では、中学生は5.7%で17人に1人、全日制の高校で4.1%で24人に1人という結果でした。

ケアに費やす時間は、中学生は平均4時間、高校生は3.8時間となり、7時間以上費やしている人もいます。

 

「ヤングケアラー」のどんなところが問題なの?

①勉学に支障が出る

まず、中高生に大事な勉強や課題の時間が十分に取れないという問題があります。

上記の国による調査では、中学生では「宿題や勉強の時間が取れない」が16%でした。

実際、定時制高校や通信制高校には全日制の4.1%を上回る割合の生徒がヤングケアラーになっています。

通信制の学校では1日に7時間以上費やしている生徒は24.5%にも上るそうです。

ヤングケアラーでなければ、全日制の高校に通えた可能性はあります。

また、進路を変えざるを得ないなどの事態に陥ってしまうかもしれません。

 

②表面化しにくい

上記と同様の調査で、相談した経験がないと答えた中学生、高校生はともに6割を超えています。

理由として、「相談するほどの悩みではない」「相談しても状況が変わると思わない」などです。

そもそも、家族の世話をすることが当たり前という認識を持つ子どももいます。

しかし、相談しないことで、表面化しにくいという問題があります。

また、コロナ禍でステイホームやオンライン授業が続くなか、負担をさらに抱えるヤングケアラーは増えているかもしれません。

 

どうすれば「ヤングケアラー」は解決されるの?

ここまで問題点などをあげてきましたが、ケアを受けるべき人が悪いと言っているわけではありません。

誰でもいずれケアを受ける側になりますし、する側にもなります。

そこで大事なのは、社会全体で支えていくことです。

具体的にできることがなかったとしても、孤立しないように理解を示すことや声をかけることはできます。

国や自治体による無償の支援もできるかもしれません。

その他にも学習面や精神面でのサポートなど、1人で抱え込まないように、社会全体で支えていくことが大事だと思います。

 

ライタープロフィール
るりまる
津田塾大学 多文化・国際協力学科3年
非婚意識、ジェンダー、韓国に興味あり
Twitter:@rrmaaru39
Pocket