みんなで地球にグリーンベルトを#1〜株式会社Universal Trade Japan 上野由季代さん〜

未分類
Pocket

今回は株式会社Universal Trade Japanの上野由季代さんにインタビューしました。

上野さんは「環境保全=経済発展できるビジネス」をテーマに、主にアフリカのベナン共和国での植林活動やオーガニック商品の企画をし販売の準備を行っています。

第1章では現在の活動や環境保全をビジネスでやることなどについて伺います。

また、最後には上野さんが挑戦されているクラウドファンディングについても伺いましたので、ぜひお読みください!!

上野由季代(うえのゆきよ)
株式会社Universal Trade Japan 代表取締役。中学生の頃に世界を飛び回る事業をしたいという夢を持ち、大学生の時に先輩が学生向けの事業で起業し、役員になる。そのキッカケで今後はサラリーマンとしてではなく、自分で商売がしたいと思う。オシャレな物が好きだったため、アパレルで起業したいと思い、まずは3年間アパレルの企業で就職しその後独立する。そして中国を拠点に生産をする中で、環境問題に興味を持つようになる。

現在の活動

ーーー現在はどのような活動をされていますか

西アフリカのベナン共和国で植林をして、植林した木から採れる葉や実を使ったオーガニック商品の開発をしています。

その商品の売り上げを植林に再投資して循環を作ることが目的です。

例えば、「モリンガ」という化粧品や食料に商品化できる植物を選んで植林しています。

葉っぱをパウダーにしたり、種をオイルにしたりなどの原料化をアフリカで行い、原料から商品にする工程は日本でやっていく予定です。

環境保全=経済発展できるビジネスとは

ーーー「環境保全=経済発展できるビジネス」とはどういうことですか。また、なぜそのようなビジネスを構想されたのですか

環境保全することで経済発展できる仕組みです。

植林した木を伐採するのではなく、葉や実など一部を使って商品を開発し、売り上げの一部を植林に再投資することで循環ができます。

植林をする前はアパレルの事業をしており、その時に生産地の中国で森林伐採や水質が汚染されている現場を見てきました。

その時に環境保全=経済発展できるビジネスはないかなと考えていました。

当時は商売をやっていくうえで、環境が汚染されることは仕方ないと思い込んでいたのですが、一方でモヤモヤも抱えながらやっていたんです。

その時のモヤモヤや違和感が今につながっていますね。

アフリカでビジネスをやること

ーーーアフリカとのビジネスで大変なことはありますか

実は、周りで聞くような大変なことにはまだ直面してないんです。

アフリカでビジネスをやるのは大変という話は聞きますが、私はそれほど大変だとは思っていません。

それは、中国でアパレルをやっていたの経験があるからだと思います。

中国では色んなトラブルを経験したので、そういった意味で大変なことは特にありません。

ただ、デザインや色のニュアンスが伝わりづらかったり、全く違うものができたりしたことは大変でしたね。

ーーー 一方で、楽しさややりがいを感じることはありますか

楽しいことは「人」です。

色んなことはあるけどみんなで乗り越えていこうとしており、すごくポジティブでアフリカが好きです。

やりがいは100年後の地球の未来を考えて、国境を越えてみんなで目的に向かっていけることです。

別に20年後や40年後でもよいのですが、今いる子どもたちが笑顔で過ごせるようにと考えています。

また、ベナンの現地パートナーに、中国で環境破壊を目の当たりにし、このままだと未来がないと思ったことを話したら、彼らも同じことを考えていました。

人件費が安いからといって、アフリカやアジアなどの外国でビジネスをやるという先進国主体のやり方でビジネスをやってほしくないと話していましたね。

このままだと自然も破壊されるし、今の子どもたちの未来もないということで共鳴して、今のビジネスを一緒にやることになりました。

クラウドファンディングについて

ーーー現在、クラウドファンディングに挑戦されていますが、それについてお聞きしたいです

「みんなで地球にグリーンベルトを」という合言葉で事業をやっているので、自分たちだけではなく多くの人に植林へ参加して欲しいという想いではじめました。

また、リターンはサンクスレターや植林したときの看板に名前を載せるというもので、あえて物品のリターンにしていません。

理念に共感してくださる方に支援していただきたいということです。

支援金は植林や今後の商品開発の一部、人件費などに充てさせていただきます。

詳細はこちら!

100年後の地球のために、みんなで地球にグリーンベルトを。
日本での植林も大切ですが、地球規模で見た時に森林が減っているのは中南米とアフリカ。頂いたご支援で、西アフリカのベナン共和国を出発点に植林をして地球をグリーンベルトで繋いでいきます。また、植林した木を伐採せずに実や種を原料にオーガニックのコスメ&フードブランドを立ち上げ、その売上を植林に再投資します。

次回予告

第2章では中国での原体験、アパレルから植林事業に移行した経緯、ベナンを選んだ理由などをお聞きします。

ライタープロフィール
るりまる
ジェンダー、非婚、韓国に興味あり
Twitter: @rrmaaru39

 

 

 

Pocket