レイシスト、つまり人種差別主義者は特定の人種や民族に対して偏見や差別を持つ人々を指します。

この記事では、レイシスト(人種差別主義者)とその行動、対義語、及びレイシズムの定義について解説します。

特にアメリカのフロイドさんの事件や中国のウイグル問題など、世界各国での事例を掘り下げ、日本における外国人技能実習生や入管問題にも焦点を当てています。

さらに、レイシズムを理解し、反対するための推薦書籍も紹介しています。

人権問題とは?日本と世界の人権問題を一覧で解説

レイシストとは?

レイシストは、一般的に人種差別主義者と訳されますが、その対象は人種に限定されません。

民族差別の場合でも、行為者はレイシストと称されることがあります。

この言葉は、広い意味での差別行為に対して用いられることが多いです。

レイシスト(人種差別主義者)が差別対象とする人種と民族

人種とは、先天的・遺伝的な特質で人間をグループに分類したものとされます。

分かりやすい例では、髪の色、目の色、肌の色、身長、体形などが共通する人々です。

ただ、原因に目を向けると、地理的に同一な分布が長期に続く人々に似た遺伝形質を生じさせていると捉えることができます。

また、食事や生活様式などの文化的要因が身体的な特徴を生んでいる場合もあります。

そのため、一見先天的と思われる特徴も文化的、歴史的な背景があって生じています。

一方、民族は、後天的・文化的な特質で分類されています。

歴史、宗教、伝統、言語などを共通とする場合が多いです。

この場合も同一民族において、容姿など先天的、遺伝的と思われがちな共通した特徴が見られることもあります。

関連記事
マイノリティとは?マジョリティとの違いや使い方、5つの具体例を簡単に解説
人権問題とは?日本と世界の人権問題を一覧で解説


レイシストの対義語は?

レイシスト(racist)の対義語は、アンチレイシスト(anti-racist)です。

その他のレイシストの対義語として、英語圏ではヒューマニストも挙げられます。

ヒューマニストは人道主義者と訳されます。

文字通り、人間を最も重要な存在とする考え方です。そこでは、理性、倫理、自由などが重んじられます。

その他にも、博愛主義者(Altruist)や民主主義者(デモクラート)、平等主義者(Egalitarian)などが挙げられます。


レイシズムとは?

レイシストと似た言葉にレイシズムがあります。

レイシズムとは、人種に基づく思想や差別のことで、人種主義や人種差別と訳されます。

人種主義とは、人種間に根本的な優劣の差異があり、優等人種が劣等人種を支配するのは当然という思想です。

戦後の国際社会では、世界人権宣言や人種差別撤廃条約などの国際人権法で、人種差別に対して人々が戦うことが義務とされています。

近年では、黒人差別やアジア系差別が頻繁に問題となっています。

関連記事
レイシズムとは?歴史や現在の問題、日本のレイシズムを簡単に解説


レイシストの世界の事例

悲しいことですが、レイシストの事例を制約なく振り返ると枚挙にいとまがありません。

ここでは、現在のトピックとして問題視されている二つの例についてみていきます。

これら二つの事例を挙げたのは、「世界のトップで対立する二大国でのことであり、また、この両国が国連の常任理事国であること。」があるからです。

これらのことを考慮した時、レイシズムの世界における現状がいかに悲惨なものであるかを端的に捉えられると思います。

アメリカ合衆国のフロイドさん殺害事件

2020年5月25日、ミネアポリスで白人警察官によって、頸部を9分間路上で膝で押さえつけられた、黒人男性ジョージ・フロイドさんが亡くなりました。

フロイドさんが偽札を使用したことを通報され、警察官が現場に来たわけですが、その時点で「フロイドさんが偽札であることを知って使用したか?知らなかったのか?」の吟味もなしに上記のように拘束し、死亡させました。

この映像は世界中に瞬く間に広まりました。

後にこの警察官には禁錮21年半の判決が下りました。

改めて、アメリカ社会に内在する黒人への差別、レイシズムが世界中に露呈した事件です。

参考文献:アメリカとは何か 岩波新書

中国新疆ウイグル自治区人権問題

「教師面して偉そうに他国を説教してはいけない。」中国の習近平主席は、人権問題があると言われるウイグルを視察したバチェレ国連人権高等弁務官にオンライン会談でこう言い放ちました。

中国人口の大部分は漢民族です。

少数民族であるイスラム教を信仰するウイグル族には自治区が割り当てられています。

しかし、これは形式的なもので、実際は漢民族、中国共産党が支配下においています。

ウイグル自治区への弾圧が強まるきっかけは、2014年に習近平がウイグル自治区を視察に行った際に爆破テロがあったこととされています。

それ以後弾圧は苛烈を極めていると言われています。

具体的には、収容所での洗脳教育、強制労働、不妊手術、強制中絶、レイプ、拷問、殴打等です。

れらの一部は映像に収められ世界中の人々の知るところとなっています。

アメリカ合衆国に次ぐとまで言われるようになった中国のレイシズム事例のひとつです。

参考文献:中国共産党帝国とウイグル 集英社新書

レイシストの日本の事例

日本にも、少なからずレイシストの事例がトピックとなっています。

外国人技能実習生問題

外国人技能実習生問題は、レイシズムの一面をよく表しています。

令和4年度において、324,940人の外国人技能実習生が日本にいます。

技能実習とは、外国人に日本の技能を教え、それを母国の発展に生かすことを目的としています。

日本への滞在期間は5年で、受け入れ可能な職種は80種類にのぼり、受け入れ国の制限もありません。

しかし、低賃金や長時間労働が問題となっています。

一例をあげると、岡山県の建設会社で、技能実習生のベトナム人男性が、従業員4人から2年間に渡り暴行を受けていたことがニュースとなりました。

彼は、箒で体を叩かれることに始まり、肋骨を3本折られるなどの暴行を受けたと訴えました。

2022年8月4日、理由は明かされていませんが、元従業員の4人は不起訴処分となりました。

参考:令和4年末現在における在留外国人数について | 出入国在留管理庁
   実習生暴行事件、4人不起訴

関連記事
外国人労働者問題とは?日本の現状や問題点、原因をわかりやすく解説

入管問題

入管施設とは、オーバーステイなどの理由から在留資格を持たないとされる人々を強制収容する場所です。

入管施設へ入る判断から、施設の中での出来事まで、一連の動作の上で起こる問題のことを入管問題といいます。

「何も本当のことが分かっていない。」

2年前に起きた身内の悲劇について、遺族は悲痛な声を上げています。

スリランカ人のウィシュマ・サンダマリさんは、33歳の短い生涯を名古屋の入管施設で終えました。

断片的ではありますが、マスコミを通じて伝わる情報では、以下のような証言があるようです。

・亡くなる3週間前には体が飢餓状態であった。

・裁判に提供された映像に体調不良を訴え、病院受診を求めるウィシュマさんに担当職員が「権限がないからできない。」と答えている。

参考:ウィシュマさん死亡事件 – Wikipedia

関連記事
入管問題とは?日本で起きている、非正規滞在者に対する人権侵害


レイシストが学べる本4選

「レイシストにならないために意識すること」は、一言で言うなら、「アンチレイシストになること」です。

レイシストについてもっと学び理解することが大切です。

レイシストが学べる本4選一覧

  • アンチレイシストであるためには
  • 遺伝学者、レイシストに反論する
  • 日本にも依然としてある、レイシズムとはなにか
  • ナイス・レイシズム なぜリベラルなあなたが差別するのか?

アンチレイシストであるためには

『アンチレイシストであるためには』は、全米で130万部を超えるベストセラーになった本です。

著者は「2020年最も影響力のある100人」に選ばれた歴史学者で、人種、民族、文化、階級、ジェンダー、セクシュアリティなどの差異を平等に扱うアンチレイシストとしての態度を提唱しています。

この本は、レイシズムの構造と本質を明らかにし、社会制度としてのレイシズムを変えることを訴えています。

レイシズムが根強く存在する社会で、人々の心に潜むレイシスト的な考え方を見つけ出し、それを取り除くことが重要であり、問題の根源を「権力」や「政策」に見ることで、アンチレイシズムの実現が可能になると述べています。

参考:アンチレイシストであるためには (&books) | イブラム・X・ケンディ, 児島 修 |本 | 通販 | Amazon

遺伝学者、レイシストに反論する

『遺伝学者、レイシストに反論する 差別と偏見を止めるために知っておきたい人種のこと』は、レイシズムに対抗するための科学的根拠を提供する一冊です。

遺伝学が人種差別の根拠とされることに疑問を呈し、ステレオタイプや偏見に立ち向かう内容が展開されています。

著者は、肌の色、純血性、スポーツ能力、知能という四つの領域について、科学的な分析を通じて差別的な誤解を解き明かしています。

本書では、人種概念が科学的に無効であることを強調し、レイシストの主張に対して正確な科学と歴史的知見で反論します。

参考:遺伝学者、レイシストに反論する 差別と偏見を止めるために知っておきたい人種のこと | アダム・ラザフォード, 小林由香利 |本 | 通販 | Amazon

レイシズムとはなにか

『レイシズムとはなにか』は、レイシズムの本質とその社会的影響を探求する一冊です。

この本では、この力がどのようにして人種差別行為を可能にし、さらには人種化を通じて人間を分断し、社会的排除や暴力につながる権力の形として解析されます。

特に、フランスの哲学者ミシェル・フーコーの権力論に依拠しつつ、近代のレイシズムの歴史を概観し、その後、日本におけるレイシズム、特に在日コリアンに対する差別を深く掘り下げます。

また、レイシズムがナショナリズムや他の差別形態とどのように絡み合っているかも探求し、ブラック・ライブズ・マター運動などの現代的な反レイシズム闘争の重要性を論じます。

この本は、レイシズムに対する理解を深め、それに効果的に対抗するための知識を提供することを目指しています。

参考:レイシズムとは何か (ちくま新書 1528) | 梁 英聖 |本 | 通販 | Amazon

ナイス・レイシズム なぜリベラルなあなたが差別するのか?

『ナイス・レイシズム なぜリベラルなあなたが差別するのか?』は、リベラルな立場を持つ人々による、しばしば見過ごされる形のレイシズムに焦点を当てた一冊です。

この本では、リベラルな白人がどのようにして「善意の差別」を行い、自分たちがレイシストではないと自認することで問題の解決から逃れているのかを批判的に分析します。

特に、進歩主義者が無意識のうちに行う差別的な態度や行動が、どのようにして黒人や他の少数民族グループを日常的に貶めているのかを暴き出します。

著者は、この種のレイシズムが組織化や具体的な行動を阻害し、問題の根本的な解決を妨げていると指摘しています。

読者には、自己満足に陥ることなく、真に効果的な反レイシズムの行動に移るよう求めています。

参考:ナイス・レイシズム なぜリベラルなあなたが差別するのか? | ロビン・ディアンジェロ, 出口 真紀子, 甘糟 智子 |本 | 通販 | Amazon

まとめ

レイシズムやレイシストは、多くの社会問題を引き起こしています。

私たち一人一人が多様性を尊重し、異なる背景を持つ人々を理解することが、より公正で平等な社会を築く第一歩です。

過去の事例を教訓に、私たち自身の行動や意識を見直し、差別のない世界を目指しましょう。