レイシズムという言葉の意味を知っていますか?

「聞いたことはある」、「ニュアンスは分かるけど、正確には分からない」という方が多いと思います。

レイシズムは主に、人種主義や人種差別と訳され、多くの問題が存在しています。

ヒトラーが主導したホロコースト。

これもレイシズムの影響によるものです。

さて、レイシズムはどう発展し、世界にどんな影響を与えてきたのでしょうか。

過去の事例を振り返り、今何が問題か考えましょう。

レイシズムとは 

「レイシズム」とは、人種に基づく思想や差別のことで、人種主義や人種差別と訳されます。

人種主義とは、人種間に根本的な優劣の差異があり、優等人種が劣等人種を支配するのは当然という思想です。

戦後の国際社会では、世界人権宣言や人種差別撤廃条約などの国際人権法で、人種差別に対して人々が戦うことが義務とされています。

近年では、黒人差別やアジア系差別が頻繁に問題となっています。

このレイシズムという思想はいつ生まれたのでしょうか。


レイシズムの歴史

レイシズムは一時的には発生せず、様々な地域で長い歴史を通して存在します。

レイシズムの発生

古代ギリシャの人々が自らをヘレネス、他民族をバルバロイと呼んだように、人間の集団間に差異がある思想は遥か昔から存在します。

限定された地域でなく、様々な地域でこのような事例が見られます。

西洋では、レイシズムが17世紀頃のフランスで理論付け始められ、貴族の特権階級を正当化することが最初の目的でした。

19世紀のヨーロッパ

19世紀のヨーロッパでは、レイシズムが植民地主義や帝国主義の正当化に利用されました。

白人の優秀性を唱え、アフリカにおける現地住民への一方的な支配や文化の押し付け、現地資源の開発などが正当化されました。

そしてレイシズムの思想がヨーロッパに定着し、世界中に広がったのです。

ナチスドイツ

ナチスドイツの時代、ヒトラーがユダヤ人迫害を行いました。彼は、ホロコーストと呼ばれる大虐殺を実行しました。

ユダヤ人を強制収容所に送り、十分な食料も与えずに肉体労働を強いたのです。

労働に使えないと判断された子どもや老人、障害者はガス室などで殺されました。

犠牲者の数は600万人に上るとされます。

これはレイシズムが引き起こした史上最悪とも言える結果でしょう。


現在の問題

レイシズムの問題は、現在にも多く存在します。

近年出てきた問題、過去から続いている問題と様々です。

Black Lives Matter

「Black Lives Matter」

ここ数年でよく耳にした言葉かと思います。

この運動のきっかけは、2012年にフロリダ州で当時17歳の黒人のトレイヴォン・マーティン氏が自警団の男性に射殺された事件です。

彼は不審者として射殺されましたが、銃などは持っていませんでした。

しかし、自警団の男性は正当防衛が認められ、無罪になりました。

その2年後、黒人のジョージ・フロイド氏が白人警察官によって8分46秒間、首を圧迫されて殺されました。

黒人に対する人種差別の撤廃を求めた運動は昔から存在します。

しかし今回SNSによって拡散されたことで、世界規模の運動として発展しました。

アジア系差別

新型コロナの流行を「中国ウイルス」とトランプ前大統領が発言し、アメリカでのアジア人に対する差別が急増しています。

そういった犯罪を憎悪犯罪(ヘイトクライム)と言い、アジア系の人に暴力を振るう事件が後を絶えません。

年齢性別関係なく、ただ道を歩いているだけで殴られたり、唾を吐かれたりします。

他にも被害の形は様々で、被害に遭っても、それが本当に故意に自分に向けられたか分からず証拠も無いので泣き寝入りするケースも多いそうです。

日本にレイシズムは存在するの?

日本にもレイシズムは存在します。

朝鮮人種差別、アイヌ差別、沖縄差別は全てレイシズムです。

これらの差別はあまり目に見えないのが現状です。

その原因の一つに、反差別運動が盛んに行われていないことが挙げられます。

BLM運動のように活発な運動が起こらないので、多くの人の目に触れず、認知されづらいのです。

私たちは差別に対してより敏感になり、配慮した行動を取ることが求められます。

朝鮮人種差別

1923年9月11日の関東大震災では、昼時で炊事をしていた家庭が多く、当時は木造建築が密集していたこともあり、多数の焼死者が出ました。

その時に「朝鮮人が井戸に毒を入れた。」などという事実無根の情報が飛び交い、軍と自警団によって多くの朝鮮人の虐殺が起きました。

理由は様々ですが、現在も朝鮮人に対して嫌悪感を持つ日本人は多くいます。

「日本から出ていけ」など心ない言葉を在日朝鮮人に浴びせることも度々あります。

被害を免れるために日本名にして過ごすなど、「隠れコリアン」として生きる在日コリアンも多いのです。

アイヌ差別

古くから北海道などに居住するアイヌ民族。

アイヌは和人(アイヌ以外の日本人)の侵略によって土地を奪われ、迫害されてきました。

アイヌだからと言う理由で結婚が破談になったり、就職の際の面接でも顔を見ただけで落とされたりと、差別が色濃く残ります。

2016年に内閣府によってアイヌ民族に関する初の全国調査の結果が公表されました。

現在のアイヌへの差別や偏見があるかと言う項目では、アイヌの人々の72.1%が「あると思う」と回答しました。

しかし、国民全体を対象にした質問では、僅か17.9%が「あると思う」と回答したのです。

このことから、両者の間の大きな意識の違いがわかります。

日常で差別用語が当たり前に使われたり、生活に支障をきたしたりと、現在もアイヌに対する差別や偏見が残っています。

参考:アイヌ政策に関する世論調査 -内閣府

【人種差別とステレオタイプ】明日、僕らは差別される


まとめ

レイシズムとは人種主義や人種差別のことです。

世界各地で長年に渡り存在し、多くの事件が起こりました。今回上げた事例はほんの一部です。

日本に住んでいてレイシズムの存在を感じなくても、周りを見渡せば、身近に潜んでいるものです。

決して遠い存在ではありません。