広島県の環境問題が知りたい!!

このような想いをもってこのサイトに訪れたのではないでしょうか?

この記事では、広島県の環境問題や私たちが問題に対してできることをご紹介します。


環境問題とは

環境問題とは、人類の活動によって起こる地球環境の変化により発生した問題です。

具体的な定義は定まっておらず、森林破壊や海洋汚染、気候変動など様々な問題を指します。

環境問題とは?日本と世界の12種類の問題を一覧で簡単に解説


広島県が抱える環境問題

広島県は、海洋プラスチックゴミの問題が深刻で、1年間に4,500トンが瀬戸内海に流れ込んでいます。

そこで、「2050 耀く GREEN SEA 瀬戸内ひろしま宣言」を掲げ、「2050年までに瀬戸内海の海洋プラスチックごみをゼロにする」という目標を立てました。

海岸の清掃を始め、ペットボトルの分別強化や、SmaGOという通信機能が搭載されているゴミ箱を設置するなどして取り組んでいます。

他にも、地球温暖化対策や循環型社会づくり、生物多様性の保存など様々な問題への対策を講じています。

参考:

「2050 輝く GREEN SEA 瀬戸内ひろしま宣言」について

2050 耀くGREEN SEA 瀬戸内ひろしま宣言

令和3年版 環境白書(環境に関する年次報告)

 


広島県の環境問題に私たちができる3つのこと

エシカル消費

エシカル消費とは、消費者庁によると「社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行うこと」とあります。

例として、「有機栽培」や「フェアトレード」の商品を優先して購入することが挙げられます。

ただし、エシカル消費の意義はこうした商品を買うことにあるわけではありません。「社会的課題の解決を考慮した商品活動を行うこと」に意義があるのです。

今ある物を大切に使うことも、エシカル消費の一つです。

再生可能エネルギーの使用

特に発電ではたくさんのCO2が排出されています。

そのため、家庭の電力を再生可能エネルギーを使用する電力会社に切り替えることでこの問題に取り組むことができます。

実質再生可能エネルギーを使用する電力会社には、さすてな電気自然電力ハチドリ電気Looopでんきなどがあります。

気候変動に取り組む企業10選!~ベンチャー企業を中心にご紹介~

電力会社を再生可能エネルギーに切り替える

記事の拡散

記事の拡散が私たちができることだと知っていましたか。

現状を知ってもらい、これからについて考える輪が広がることで、たくさんの支援のきっかけが生まれます。ご自身のSNSなどで簡単にシェアができるので、もし良かったら拡散をよろしくお願いします。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、広島県の環境問題やその問題に取り組む方法をご紹介しました。

まずは、あなたができることから取り組んでみてください!

関連記事:広島県の社会問題とは?