SDGs ビジネス向け 特集 社会課題コラム

SDGsへの取り組みを学生にPR・マーケティングする方法とは?

SDGsとは

SDGsとは、2015年に国連サミットで採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称として知られています。

SDGsは、17の目標・169のターゲットから構成されます。

SDGsに取り組む意義

企業の行動指針であるSDGs Compassを参考にすると、以下のようなメリットがあることがわかります。

SDGsに取り組むメリット
・市場開拓の機会になる
・ステークホルダーとの関係の強化
・社会と市場の安定化
・リスクの軽減
・今後の法整備により発生し得るコストの高騰や制約に対する対応力の構築

さらに、世界のESG投資の割合が35%を超えており、この数字は年々上昇していくことが考えられています。

また、近年では、SDGsの取り組みや企業の社会貢献性を就活の軸に置く学生が増えており、採用への影響も避けられないでしょう。

SDGsのプロモーションに成功した企業

株式会社大川印刷

https://www.ohkawa-inc.co.jp/

株式会社大川印刷は、1881年に創業され、再生可能エネルギー100%での印刷を可能として、ゼロカーボンプリントに取り組むなど積極的な「環境印刷」に取り組んでいる会社です。

配送では、より環境負荷の少ない電気自動車やディーゼル車を、インクには環境負荷の少ないノンVOCインキを、用紙にはエコ用紙を使用しています。

また、様々な環境団体とパートナーシップを築き、環境に配慮した取り組みを行っています。

【株式会社大川印刷】地域に密着した環境印刷の会社で働く意義~小峰千波~ - COCOCOLOR EARTH
【株式会社大川印刷】地域に密着した環境印刷の会社で働く意義~小峰千波~ - COCOCOLOR EARTH

cococolor-earth.com

サラヤ株式会社

https://www.saraya.com/

サラヤ株式会社は、世界の衛生・環境・健康に関わる革新的な商品とサービスを提供する企業です。

具体的には、医療や福祉、食品工場やオフィス・公共施設などの衛生管理に関わる各種洗浄・消毒剤の他、環境に配慮した台所用品や洗濯用品、健康食品等の商品を取り扱っています。

SDGsへの取り組みとしては、2009年よりユニセフと協力し、ウガンダで手洗いの設備、手洗い普及の教育啓発などを行っています。

その他にも、カンボジアにおけるJICAのBOPビジネス連携促進協力準備調査事業「ハッピー手洗いプロジェクト」やセーブ・ザ・チルドレンの協賛などに取り組んでいます。

【サラヤ株式会社】持続可能なビジネスを通じて、世界の衛生・環境・健康を守る~新居ゆかり~ - COCOCOLOR EARTH
【サラヤ株式会社】持続可能なビジネスを通じて、世界の衛生・環境・健康を守る~新居ゆかり~ - COCOCOLOR EARTH

cococolor-earth.com

SDGsウォッシュにならないために

SDGsウォッシュとは、実態以上にSDGsに取り組んでいると見せかけることです。

SDGsとwhitewash(ごまかし)を組み合わせた造語で、グリーンウォッシュが語源となっています。

SDGsウォッシュには大きく以下3つのパターンがあります。

①SDGsの項目を掲げているが、実際には取り組んでいないパターン
②取り組みはしているものの、実態よりも盛ってPRをしてしまうパターン
③掲げている取り組みに対してマイナスとなる事業を行っているパターン

SDGsウォッシュにならないための対策はこちら

SDGsへの取り組みを学生にPRする方法

当メディアCOCOCOLOREARTHでは、100人以上の社会活動家にインタビューを行ってきました。

これまでの信頼や知見を活かして、社会貢献・SDGsに特化した採用PRや企業ブランディング、商品PRなどを独自にPRさせていただいております。

学生・若手社会人に対して、SDGsへの取り組みをPRしたい場合はぜひこちらをご覧ください。

媒体資料・お問い合わせはこちら

お問合せ

-SDGs, ビジネス向け, 特集, 社会課題コラム