岩手県の社会問題が知りたい!!

このような想いをもってこのサイトに訪れたのではないでしょうか?

この記事では、岩手県の社会問題と社会問題に取り組む方法をご紹介します。


社会問題とは?

社会問題とは、世界中にある解決すべき課題です。

具体的には、環境問題や人権問題、貧困問題教育問題などが含まれます。

しかし、社会問題に明確な定義はありません。

この記事では、日本の社会問題に焦点を当ててご紹介します。

社会問題に取り組む企業10選~ベンチャー企業から大企業、財団まで~

日本の社会問題一覧!日本の現状や今後の対策を知ろう


岩手県の社会問題は何がある?

医療課題

東日本大震災や平成28年台風第10号による被災者は、高齢化の進行や生活環境の変化等により抱える問題が複雑・多様化し、心身ともに負担が増している状況にあり、今後もきめ細やかな支援が必要です。

また、大規模災害時における医療提供体制を確保するため、医療関係機関のほか、防災関係機関も含めた地域における災害医療体制の構築が求められています。

参考:いわて県民計画 – 岩手県

人口減少

国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域別将来推計人口」によると、岩手県の総人口は2010年の133万人から2040年には93.8万人まで減少すると見込まれています。

このような見込みの中で、雇用環境の改善と若年者などの就業支援に向けた取り組みが行われています。

参考:日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)


岩手県の社会問題に取り組むためにできる3つのこと

記事の拡散

記事の拡散が私たちができることだと知っていましたか。

現状を知ってもらい、これからについて考える輪が広がることで、たくさんの支援のきっかけが生まれます。ご自身のSNSなどで簡単にシェアができるので、もし良かったら拡散をよろしくお願いします。

健康寿命を伸ばす

人生100年時代と言われる中、健康寿命を伸ばすことが大切になります。

定年が60歳から65歳に伸びつつある現代。

今後さらに定年が遅くなることが予想できます。

できるだけ長く働き、現役世代の負担を減らなければ社会が回らなくなる可能性が高いです。

そのためには、若いうちから生活習慣を整え将来の社会に備える必要があります。

誰かと議論してみる

あなたが誰かに岩手県の社会問題を発信し、議論していくことで、周りの行動や意識が変わるかもしれません。

話す内容は、何でも大丈夫です。

もしかするとあなたの家族や友人は、問題の存在すら知らないかもしれません


まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、岩手県の社会問題やその問題に取り組む方法をご紹介しました。

まずは、あなたができることから取り組んでみてください!