東京都の社会問題が知りたい!!

このような想いをもってこのサイトに訪れたのではないでしょうか?

この記事では、東京都の社会問題と社会問題に取り組む方法をご紹介します。


社会問題とは?

社会問題とは、世界中にある解決すべき課題です。

具体的には、環境問題や人権問題、貧困問題教育問題などが含まれます。

しかし、社会問題に明確な定義はありません。

この記事では、日本の社会問題に焦点を当ててご紹介します。

社会問題に取り組む企業10選~ベンチャー企業から大企業、財団まで~

日本の社会問題一覧!日本の現状や今後の対策を知ろう


東京都の社会問題は何がある?


一極集中する都市問題

日本の人口分布をみると都市部に集中していることが分かります。

特に東京都の人口は、日本の総人口に占める割合は10%を超えています。

このように人口が密集することで、通勤問題や交通渋滞、インフラの老朽化、高齢化などの問題へとつながっているのです。

政府は、東京都への一極集中を解消するため、地方創生起業支援事業・地方創生移住支援事業を行っています。

この制度では、地域の重要な中小企業などへの就業や起業をする移住者に単身の場合は、最大60万円、世帯で移住の場合は、最大100万円が支給されます。

また、起業する際は支援金と合わせて300万円の支給があります。

対象には細かい条件があるため詳しくは、政府の地方創生の総合サイトをご覧ください

参考:第2章 人口の地域分布 – 総務省統計局


東京都の社会問題に取り組むためにできる3つのこと

テクノロジーの発展を受け入れる

悲観的な内容が多い記事でしたが、テクノロジーの発展によってこれから起こると予想される問題を解決できるかもしれません。

例えば、経済成長を決める要因の一つである生産性をテクノロジーによって急激に高めることができれば経済が成長する可能性もあります。

これから生まれてくる、あたらしいテクノロジーを受け入れることで、乗り越えられるかもしれません。

SNSで発信する

当然のことですが、TwitterやInstagram、Facebookなどの使用にはお金がかかりません。

その上、簡単に自分の考えたことを多くの人に伝えることができます。

誰かと議論してみる

あなたが誰かに社会問題を発信し、議論していくことで、周りの行動や意識が変わることもあります。

話す内容は、何でも大丈夫です。

もしかするとあなたの家族や友人は、東京都の社会問題すら知らないかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、東京都の社会問題やその問題に取り組む方法をご紹介しました。

まずは、あなたができることから取り組んでみてください!