長崎県の社会問題が知りたい!!

このような想いをもってこのサイトに訪れたのではないでしょうか?

この記事では、長崎県の社会問題と社会問題に取り組む方法をご紹介します。


社会問題とは?

社会問題とは、世界中にある解決すべき課題です。

具体的には、環境問題や人権問題、貧困問題教育問題などが含まれます。

しかし、社会問題に明確な定義はありません。

この記事では、日本の社会問題に焦点を当ててご紹介します。

社会問題に取り組む企業10選~ベンチャー企業から大企業、財団まで~

日本の社会問題一覧!日本の現状や今後の対策を知ろう


長崎県の社会問題は何がある?

九州経済調査協会(九経調、福岡市)は、2050年までの九州・沖縄・山口9県の将来推計人口を発表し、長崎県は50年に83万6千人と予測した。

2020年の131万2千人と比べ36.3%減となり、減少率は9県で最も高くなると予想されています。

このような課題に対して長崎県は、人口減少や地方創生の対策を推進すべく、「長崎県まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、「総合計画」と連携を図りながら取り組んでいます。

参考:令和2年度 長崎県重点戦略
  :https://nordot.app/950197281826996224


長崎県の社会問題に取り組むためにできる3つのこと

記事の拡散

記事の拡散が私たちができることだと知っていましたか。

現状を知ってもらい、これからについて考える輪が広がることで、たくさんの支援のきっかけが生まれます。ご自身のSNSなどで簡単にシェアができるので、もし良かったら拡散をよろしくお願いします。

健康寿命を伸ばす

人生100年時代と言われる中、健康寿命を伸ばすことが大切になります。

定年が60歳から65歳に伸びつつある現代。

今後さらに定年が遅くなることが予想できます。

できるだけ長く働き、現役世代の負担を減らなければ社会が回らなくなる可能性が高いです。

そのためには、若いうちから生活習慣を整え将来の社会に備える必要があります。

誰かと議論してみる

あなたが誰かに長崎県の社会問題を発信し、議論していくことで、周りの行動や意識が変わるかもしれません。

話す内容は、何でも大丈夫です。

もしかするとあなたの家族や友人は、問題の存在すら知らないかもしれません


まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、長崎県の社会問題やその問題に取り組む方法をご紹介しました。

まずは、あなたができることから取り組んでみてください!