徳島県の社会問題が知りたい!!

このような想いをもってこのサイトに訪れたのではないでしょうか?

この記事では、徳島県の社会問題と社会問題に取り組む方法をご紹介します。


社会問題とは?

社会問題とは、世界中にある解決すべき課題です。

具体的には、環境問題や人権問題、貧困問題教育問題などが含まれます。

しかし、社会問題に明確な定義はありません。

この記事では、日本の社会問題に焦点を当ててご紹介します。

社会問題に取り組む企業10選~ベンチャー企業から大企業、財団まで~

日本の社会問題一覧!日本の現状や今後の対策を知ろう


徳島県の社会問題は何がある?

観光の課題

2020年の徳島県内の延べ宿泊者数は、144万8780人となり、6年連続で全国最下位。

2021年は、最下位を脱し45位となっています。

外国人の宿泊者は9630人で、コロナ禍前の令和元年と比較すると、10分の1以下に落ち込み大きな課題を抱えています。

ストロー現象

ストロー現象とは、交通網の開通により都市が発展したり衰退したりすることを指します。

1998年に徳島県と本州を陸路で結ぶ明石海峡大橋が開通してから、消費の流出が増え、徳島市中心部の商業施設に大きな影響を与えました。


徳島県の社会問題に取り組むためにできる3つのこと

地域おこし協力隊への応募

地域おこし協力隊とは、地方自治体の委嘱を受けて地域で生活し、各種の地域協力活動を行う団体です。

集落における協力隊は、集落の将来について住民や自治体の人と話したり集落を巡回したりします。

隊員は、20代から30代が7割を占め、男女比もほぼ同じです。

地域の諸問題に触れられるため、ぜひホームページを確認してみてください。

記事の拡散

記事の拡散が私たちができることだと知っていましたか。

現状を知ってもらい、これからについて考える輪が広がることで、たくさんの支援のきっかけが生まれます。ご自身のSNSなどで簡単にシェアができるので、もし良かったら拡散をよろしくお願いします。

誰かと議論してみる

あなたが誰かに徳島県の社会問題を発信し、議論していくことで、周りの行動や意識が変わるかもしれません。

話す内容は、何でも大丈夫です。

もしかするとあなたの家族や友人は、問題の存在すら知らないかもしれません


まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、徳島県の社会問題やその問題に取り組む方法をご紹介しました。

まずは、あなたができることから取り組んでみてください!