京都府の社会問題が知りたい!!

このような想いをもってこのサイトに訪れたのではないでしょうか?

この記事では、京都府の社会問題と社会問題に取り組む方法をご紹介します。


社会問題とは?

社会問題とは、世界中にある解決すべき課題です。

具体的には、環境問題や人権問題、貧困問題教育問題などが含まれます。

しかし、社会問題に明確な定義はありません。

この記事では、日本の社会問題に焦点を当ててご紹介します。

社会問題に取り組む企業10選~ベンチャー企業から大企業、財団まで~

日本の社会問題一覧!日本の現状や今後の対策を知ろう


京都府の社会問題は何がある?

京都府の総人口は、2004年の約265万人をピークに、 本格的な減少が始まりました。

人口減少による過疎化や地理的条件などで市町村の規模が小さくなり、地方交付税や地方債の割合が高くなり、自主財源以外に依存する財務体質となっています。

特に、北・中部地域では、「限界集落(高齢化率50%超)」「準限界集落(55歳以上人口比率50%超)」が多くみられ、将来的に地域の維持が困難となることが懸念されます。

参考:「文化創生」から新たな生活を – 京都府
  :第1章 市町村の現状と課題 – 京都府


京都府の社会問題に取り組むためにできる3つのこと

地域おこし協力隊への応募

地域おこし協力隊とは、地方自治体の委嘱を受けて地域で生活し、各種の地域協力活動を行う団体です。

集落における協力隊は、集落の将来について住民や自治体の人と話したり集落を巡回したりします。

隊員は、20代から30代が7割を占め、男女比もほぼ同じです。

地域の諸問題に触れられるため、ぜひホームページを確認してみてください。

記事の拡散

記事の拡散が私たちができることだと知っていましたか。

現状を知ってもらい、これからについて考える輪が広がることで、たくさんの支援のきっかけが生まれます。ご自身のSNSなどで簡単にシェアができるので、もし良かったら拡散をよろしくお願いします。

健康寿命を伸ばす

人生100年時代と言われる中、健康寿命を伸ばすことが大切になります。

定年が60歳から65歳に伸びつつある現代。

今後さらに定年が遅くなることが予想できます。

できるだけ長く働き、現役世代の負担を減らなければ社会が回らなくなる可能性が高いです。

そのためには、若いうちから生活習慣を整え将来の社会に備える必要があります。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、京都府の社会問題やその問題に取り組む方法をご紹介しました。

まずは、あなたができることから取り組んでみてください!