ビジネス向け 特集 環境問題 社会課題コラム

サーキュラーデザインとは?7つの戦略や事例、PR方法を解説

サーキュラーデザインとは

サーキュラーデザインとは、資源がうまく循環するために製品やサービスに組み込まれたデザインです。

SDGsの目標の1つであるサーキュラーエコノミーを目指す上で欠かせない考え方です。

サーキュラーエコノミーとは、廃棄物を出さずに資源を循環させる経済の仕組みです。

つまり、製品を発案・設計する段階から資源を考慮し、汚染物(CO2など)や廃棄物を出さない(土に帰る)システムです。

円を描くように循環させるためサーキュラーエコノミーといい「CE」と略されることもあります。

サーキュラーエコノミーとは? アメリカで話題の「LOOP」や江戸時代の事例を解説

サーキュラーデザインの7つの戦略

リデュース設計

リデュース設計とは、製品の無駄を省くことで資源を節約する設計です。

無駄を省いた設計をすることで、軽量化や原料費の削減など、プラスに働くこともあります。

モジュール化

モジュール化とは、修理やアップグレードしやすくするデザイン手法です。

どこか一部が壊れてしまっても、モジュール化された製品であれば、一部を交換して利用することができます。

長期使用可能な設計

長期使用可能な設計もサーキュラーデザインの1つです。

一度作った製品をできるだけ長く使えるように設計することで、廃棄物の削減に繋がります。

オーダーメード化

オーダーメード化とは、受注を受けてから生産することです。

在庫処分の必要がなくなるだけでなく、余剰機能の削減にも繋がります。

環境配慮型素材の利用

生分解性のある材料やリサイクル可能な材料を選択することもサーキュラーデザインです。

同時に、再生材などの積極利用も必要になります。

製品からサービスの移行

製品からサービスの移行とは、製品を所有するのではなく、製品を共有するという戦略です。

生産者が製品を保有することで、メンテナンスを行いやすく、製品の長寿化が期待させれています。

オンライン化

オンライン化とは、IT技術を活用して製品の価値だけを残し、製品を無くすことです。

具体的には、FAXをPDFで送信したり、本を電子書籍で読んだりすることが挙げられます。

参考:https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/ce_finance/pdf/002_04_02.pdf

サーキュラーデザインの事例

「Allbirds」

​​ニュージーランドのティム・ブラウンとジョーイ・ツゥイリンジャーが始めたシューズを中心に展開しているアパレルブランドです。

創業時より環境負荷低減に重点を置き、素材調達から廃棄までの過程でCO2削減を数値化し公表しています。

また再生可能な素材として​​持続可能な天然素材とリサイクル素材を使用している上に、製品寿命にも配慮した設計をしています。

さらに、CO2削減のため、再生エネルギーの利用と海上輸送をメインにしています。

商品が顧客の手に渡った後も責任を持ち、​​商品のメンテナンス(洗濯)の仕方についてもアドバイスを行っています。

「アイカサ」

「アイカサ」は、JR東日本の子会社と提携し、駅を活用した「傘シェアリングスポット」を導入しました。

日本の年間ビニール傘消費量と一人当たりの所有率は世界一位。

そのうち6割が捨てられ地球に埋められています。

「アイカサ」は傘をシェアすることによりこの問題を解決しようとしています。

シェアされる傘はグラスファイバーを使った丈夫な作りですが、リペアラブルで何度も使用可能です。また、一回の利用でCO2を692g削減できます。

​​2021年1月には山手線全駅に傘立てを設置完了し、設置箇所は全国に広がっています。

このようにしてシェアリングサービスは少しずつ私たちの生活にも浸透し始めています。

サーキュラーデザインの取り組みを学生にPRする方法

当メディアCOCOCOLOREARTHでは、100人以上の社会活動家にインタビューを行ってきました。

これまでの信頼や知見を活かして、社会貢献・SDGsに特化した採用PRや企業ブランディング、商品PRなどを独自にPRさせていただいております。

学生・若手社会人に対して、SDGsへの取り組みをPRしたい場合はぜひこちらをご覧ください。

媒体資料・お問い合わせはこちら

お問合せ

-ビジネス向け, 特集, 環境問題, 社会課題コラム