環境問題が問題視されている現代において、私たちの身近ではリサイクルや3Rという言葉をよく耳にするという方も多いのではないでしょうか。

リサイクル・リユース・リデュースの総称である「3R」は私たちが環境を守るためにすぐに実践できることですので、詳しく知っておくことが大切なのです。

そこで本記事では、リサイクルについて詳しく解説していきます。

※【企業様向け】環境問題への取り組みをPRしませんか?
 掲載を希望される企業様はこちら

リサイクルとは?意味をわかりやすく解説!

リサイクルとは、使わなくなったものやごみを捨てずに、原材料やエネルギー源として再利用することです。

天然資源は有限であることから使い続けてしまうといずれは枯渇してしまいますが、リサイクルによって天然資源を再利用することで枯渇を抑制する効果があります。

リサイクルの代表的な具体例としては、雑誌や新聞、段ボールを再生紙としてトイレットペーパーに再利用することが挙げられます。


3Rとは?

3Rとは、廃棄物の削減を実現するための考え方で、Reduce(リデュース)・Reuse(リユース)・Recycle(リサイクル)3つの総称です。

それでは、リユースとリデュースの意味を簡単にご紹介します。

リユース

リユースとは、不要になった製品や製品の部品などを繰り返し利用することです。

リユースしやすい製品づくりをすることや、フリマアプリやリサイクルショップなどで不用品を必要のある人に譲るということがリユースの具体的な例です。

リデュース

リデュースとは、製品を作るときに使用される資源の量を少なくすることで、廃棄物の量を減らすことです。

耐久性の優れた製品の開発やレジ袋を貰わないなどの行動がリデュースの具体的な例です。

海洋プラスチック問題とは?海洋汚染やごみ問題と私たちにできること


リサイクルの具体例

リサイクルと聞くと、ペットボトルや紙のリサイクルを思い浮かべる方も多いと思います。

しかし他にも、CO2を資源として考えてCO2をセメント・エンジニアリング・機械・化石燃料などに再利用する「カーボンリサイクル」や、缶コーヒーなどに使用されているスチール缶を鉄スクラップに再加工することで建物や車の部品、缶製品などに再利用する「スチール缶リサイクル」などの方法もあります。

カーボンリサイクルとは?メリットや企業の取り組み事例、今後の課題を解説!
スチール缶はリサイクルで何になる?アルミ缶との違いや利点を取材! ~スチール缶リサイクル協会~


日本と世界のリサイクル率

一般廃棄物の排出及び処理状況等(令和元年度)によると、令和元年度の日本におけるリサイクル率は19.6%となっており、リサイクル率の高い韓国(64%)・スロベニア(54%)・ドイツ(49%)に比べるとかなり少ない数値となっています。

リサイクル率が低いことは環境問題の悪化にもつながるだけではなく、最終処分場の確保が難しくなっていくことや、ゴミ処理にかかる電力増加の問題などもあるのです。

リサイクルとアップサイクルの違い

アップサイクルとリサイクルの違いは、「一旦資源に戻す」という工程があるかないかです。リサイクルは、製品を一度資源に戻し、そこから新たなものを作り出します。

つまり、製品を作る際にできるだけリサイクル原材料を使ったり、製品を設計する際には使用後のリサイクルがしやすいように工夫したりする必要があります。

また、新しいものを作るよりも輸送機材、人件費、燃料などのコストが高い場合が多いです。

一方で、アップサイクルは、製品そのものの特徴や気に入っていた部分を生かしつつ、新たな価値を与えて別のものとして生まれ変わります。

そのため、資源に戻す必要はなく、アイデア次第でコストはそれほどかかりません。また、リサイクルの場合はリサイクル業者に引き取ってもらって終わりというケースがほとんどです。

しかし、アップサイクルでは、企業間でそれぞれの強みを生かした開発・製品化ができるといった、廃棄物をもとにしたビジネスマッチングも可能な側面があります。

アップサイクルとは?意味や具体例、リサイクルやリメイクとの違いを解説


リサイクルするメリット

リサイクルするメリットをご紹介していきます。

資源を節約できる

リサイクルをすることで、天然資源から製品を作るときのエネルギーを大幅に削減できることや、天然資源そのものを大切にできるというメリットがあります。

例えば、天然素材であるボーキサイトからアルミ缶を作るときに比べて、アルミ缶をリサイクルで作るときのエネルギー消費量は3%にまで抑えることができるのです。

ごみを減らすことができる

ごみを捨ててしまうと処理に多くの電力を使用したり、埋め立てて処理したりしますが、製品を再利用することでごみを減らすことができます。

ごみを減らすことで処理にかかる負担が軽減されて環境にも優しくなるのです。

私たちにできること

本記事では、リサイクルについて詳しく解説していきました。

世界にはさまざまな環境問題がありますが、その中のリサイクル(3R)は私たちがすぐに実践できることですので、意識的に取り組んでいく必要があります。

環境問題とは?日本と世界の12種類の問題を一覧で簡単に解説
環境問題に取り組む企業10選~ベンチャーから老舗企業まで~


【企業様向け】環境問題の取り組みをPRしませんか?

広告掲載・資料請求はこちら

よくある質問[一問一答]

リサイクルとは?

リサイクルとは、製品を作るときに欠かせない天然資源から出た廃棄物などを原材料やエネルギー源として再利用して有効活用することです。

3Rとは?

3Rとは、廃棄物の削減を実現するための考え方で、Reduce(リデュース)・Reuse(リユース)・Recycle(リサイクル)の3つの総称です。