近年、持続可能な生活の実践が注目されている中で、家庭でのコンポスト活用が盛んになってきました。

コンポストは生ごみを再利用し、価値ある堆肥に変える手法として古くから知られています。

しかし、正しい知識がなければ、その効果を最大限に引き出すことが難しいことも。

今回は、コンポストの種類やメリット・デメリットを解説します。

コンポストとは?

コンポストとは、家庭から出る生ゴミや落ち葉などの有機物を微生物の働きを活用して発酵・分解させ堆肥化したものです。

生ごみを捨てる手間やビニール袋が必要なくなるメリットがあります。

環境問題とは?日本と世界の13種類の問題を一覧で簡単に解説


生ごみが堆肥になる仕組み(メカニズム)

生ごみや落ち葉は、微生物によって分解・発酵される過程を経ることで、有機肥料としての堆肥に変化します。

まず、コンポスト容器の中に生ごみを入れて微生物が分解し、微生物の活動エネルギーにより温度が上がったり下がったりします。

そのため、コンポスト容器の中には四季に応じて働くたくさんの微生物が混在し、活躍すれば自然界よりもスピーディに堆肥化を進めることが可能です。

生ごみを家庭で堆肥にして土にかえせば、小さな循環をつくることできます。

参考:https://lfc-compost.jp/about 

フードロスとは?削減するために私たちができること
リサイクル(3R)とは?例を用いて意味をわかりやすく解説!
5Rとは?5つの意味や3Rとの違い、私たちにできることを解説


できた堆肥はどうやって使う?

できた堆肥は、ベランダで家庭菜園をしたり、ガーデニングに活用したりすることができます。

また、堆肥を使用して無農薬で育てた野菜は、葉っぱや皮から食べられるので安心です。

堆肥づくりにより自然と季節を身近に感じられ、心豊かな暮らしを楽しむことができるのでコンポストを取り入れてみましょう。

サーキュラーエコノミー(循環社会)とは?世界と日本の事例を解説
アップサイクルとは?意味や具体例、リサイクルやリメイクとの違いを解説


コンポストの種類

コンポストの種類は、主に下記の3種類です。

  • 生ごみコンポスト(密閉式)
  • 落ち葉コンポスト(回転式)
  • 生ごみ処理機(バイオ式/乾燥式/ハイブリッド式)

生ごみコンポストは、バケツに蓋がついた容器に生ごみを入れ、密閉し酸素が少ない環境にし、嫌気性菌の働きを活発にして液体の堆肥を作る方法です。

落ち葉コンポストは、落ち葉や枯れ草を処理して堆肥化したい場合に使用されます。回転式は、容器の中に落ち葉などを入れて、容器を回転させることにより中を攪拌できるようになっています。

生ごみ処理機は、微生物で生ゴミを処理する家電製品です。家事の軽減や臭いの改善に利用されます。処理をした後は、堆肥として利用が可能です。

コンポストのメリット

コンポストには、主に下記の3つのメリットがあります。

  • 生ごみが減る
  • 二酸化炭素の排出を削減できる
  • 堆肥を庭や畑に利用できる

ご飯や野菜などの食品のごみをコンポストに入れて処理できるため、生ごみの量を減らせます。

また、生ゴミを捨てる回数を少なくすることができ、ビニール袋の削減にもつながります。

多くの人がコンポストを利用して、生ゴミの量を減らせば二酸化炭素排出量を抑えることが可能です。

さらに、自作の堆肥を庭の肥料として使用できるので、植物が健康に育つ支えになります。

植物を栽培することは、ストレスの緩和にもつながります。

コンポストにはさまざまなメリットがありますので、ご家庭で使用してみましょう。


コンポストの注意点

水分量

コンポストを作るときの注意点は、水分量です。

生ごみを肥料に変える際に、生ごみの水分量が多いと肥料になる前に腐敗してしまうので注意が必要です。

対策としては、生ごみの水をしっかりと切ることが重要になります。

直射日光

また、直射日光には注意が必要です。

発酵のときに微生物が活躍しますが、直射日光の強さで死んでしまうと肥料を作れません。

暑くならないようにするために、シートなどを被せて対策をするべきです。

虫対策

コンポストは、虫の対策も必要になります。

生ごみによりうじなどが発生したら、大変です。

虫が発生しないようにするために、生ごみに土を被せておくことが重要になります。

おすすめのコンポスト3選

※プロモーションが含まれています

おすすめのコンポストは、下記の3つです。 

  • 家庭用生ごみ処理機MS-N53XD
  • RAKUNAGUALEP 生ごみ処理機
  • Lrollqinコンポストバック

ひとつずつ見ていきましょう。

家庭用生ごみ処理機MS-N53XD

家庭用生ごみ処理機MS-N53XDは、約130℃の温風乾燥により、除菌や脱臭をしつつ軽くてかさばらない肥料を作ることができます。プラチナパラジウム触媒を採用しており、脱臭効果が高く、周囲に臭いを漏らしません。ソフト乾燥モードに切り替えれば、速効性のある有機質肥料が作れるため庭作りが好きな方におすすめです。

NAGUALEP 生ごみ処理機

NAGUALEP 生ごみ処理機は、ワンボタンで自動的に乾燥・脱臭・粉砕できるため手間がかかりません。強力な活性炭を使用したフィルターにより、生ゴミのにおいを封じ込めることができます。動作音は40~45dBと静音性が高く、夜中でも使用しやすくておすすめです。

コンポストバック

コンポストバックは、環境にやさしい素材で作られています。約1ヶ月後には花壇や菜園などの肥料として使用できます。上部から生ごみを入れて、サイドウィンドウから肥料だけを取り除ける便利な商品でおすすめです。

 

まとめ

コンポストは生ごみを堆肥に変える再利用手法の一つで、環境に優しい生活として注目されています。

生ごみが堆肥になる仕組み、その利用方法、さまざまなコンポストの種類、そしてそのメリットを理解することで、より効果的にコンポストを活用することができます。

また、水分量や日光、虫対策といった注意点もあり、適切な管理が求められます。

処理機MS-N53XDやNAGUALEP生ごみ処理機、コンポストバックなど、おすすめのコンポストを紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。