滋賀県の社会問題が知りたい!!

このような想いをもってこのサイトに訪れたのではないでしょうか?

この記事では、滋賀県の社会問題と社会問題に取り組む方法をご紹介します。

※【企業様向け】社会問題への取り組みをPRしませんか?
 掲載を希望される企業様はこちらをご覧ください。

社会問題とは?

社会問題とは、世界中にある解決すべき課題です。

具体的には、環境問題や人権問題、貧困問題教育問題などが含まれます。

しかし、社会問題に明確な定義はありません。

この記事では、日本の社会問題に焦点を当ててご紹介します。

社会問題に取り組む企業10選~ベンチャー企業から大企業、財団まで~

日本の社会問題一覧!日本の現状や今後の対策を知ろう


滋賀県の社会問題は何がある?

滋賀県の約1/6を占める琵琶湖は、気候変動や外来魚、プラスチックごみなど約10の環境問題を抱えています。

それぞれの課題に対して、取り組みを行っています。

参考:琵琶湖をとりまく現状と課題 – 滋賀県


滋賀県の社会問題に取り組むためにできる3つのこと

エシカル消費

エシカル消費とは、消費者庁によると「社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行うこと」とあります。

例として、「有機栽培」や「フェアトレード」の商品を優先して購入することが挙げられます。

ただし、エシカル消費の意義はこうした商品を買うことにあるわけではありません。

「社会的課題の解決を考慮した商品活動を行うこと」に意義があるのです。

今ある物を大切に使うことも、エシカル消費の一つです。

再生可能エネルギーの使用

特に発電ではたくさんのCO2が排出されています。

そのため、家庭の電力を再生可能エネルギーを使用する電力会社に切り替えることでこの問題に取り組むことができます。

実質再生可能エネルギーを使用する電力会社には、さすてな電気自然電力ハチドリ電気、Looopでんきなどがあります。

気候変動に取り組む企業10選!~ベンチャー企業を中心にご紹介~

電力会社を再生可能エネルギーに切り替える

環境負荷の低い食材の使用

窒素は農作物の成長において最も必要な栄養素の一つです。

現状では、合成窒素肥料が多く使われており、河川に流れて水質汚染の原因となっています。

そのため、合成窒素肥料が使われていない食材の購入も効果的です。

その他にも、バーチャルウォーターフードマイレージなども意識しましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、滋賀県の社会問題やその問題に取り組む方法をご紹介しました。

まずは、あなたができることから取り組んでみてください!

関連記事:滋賀県の環境問題とは?

【企業様向け】社会問題への取り組みをPRしませんか?

広告掲載・資料請求はこちら