和歌山県の社会問題が知りたい!!

このような想いをもってこのサイトに訪れたのではないでしょうか?

この記事では、和歌山県の社会問題と社会問題に取り組む方法をご紹介します。


社会問題とは?

社会問題とは、世界中にある解決すべき課題です。

具体的には、環境問題や人権問題、貧困問題教育問題などが含まれます。

しかし、社会問題に明確な定義はありません。

この記事では、日本の社会問題に焦点を当ててご紹介します。

社会問題に取り組む企業10選~ベンチャー企業から大企業、財団まで~

日本の社会問題一覧!日本の現状や今後の対策を知ろう


和歌山県の社会問題は何がある?

人口減少

和歌山県の人口は、全国よりも早い流れで減少が進んでいます。

1985年をピークに減少に転じ、今後、何も対策を講じなければ2060年には「50万人」程度まで激減すると予測されています。
こうした状況の中、2015年6月に「和歌山県長期人口ビジョン」を策定し、2060年の人口を「70万人」程度とすることを目標として掲げ、様々な取り組みを行っています。

参考:長期総合計画 第1章 和歌山県がめざす将来像

環境問題

和歌山県では、不法投棄などの廃棄物問題や生物生息環境の悪化など地域の課題を抱えています。

このような課題に対して、「和歌山県環境基本計画」を策定しています。

和歌山県の事務事業に伴う温室効果ガスの排出削減に向けて、二酸化炭素の主な排出要因である電気や燃料の削減に取り組んでいます。

参考:環境保全に向けた和歌山県の取組


和歌山県の社会問題に取り組むためにできる3つのこと

エシカル消費

エシカル消費とは、消費者庁によると「社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行うこと」とあります。

例として、「有機栽培」や「フェアトレード」の商品を優先して購入することが挙げられます。

ただし、エシカル消費の意義はこうした商品を買うことにあるわけではありません。

「社会的課題の解決を考慮した商品活動を行うこと」に意義があるのです。

今ある物を大切に使うことも、エシカル消費の一つです。

再生可能エネルギーの使用

特に発電ではたくさんのCO2が排出されています。

そのため、家庭の電力を再生可能エネルギーを使用する電力会社に切り替えることでこの問題に取り組むことができます。

再生可能エネルギーを使用する電力会社には、自然電力やハチドリ電気、Looopでんきなどがあります。

環境負荷の低い食材の使用

窒素は農作物の成長において最も必要な栄養素の一つです。

現状では、合成窒素肥料が多く使われており、河川に流れて水質汚染の原因となっています。

そのため、合成窒素肥料が使われていない食材の購入も効果的です。

その他にも、バーチャルウォーターフードマイレージなども意識しましょう。

SNSで発信する

当然のことですが、TwitterやInstagram、Facebookなどの使用にはお金がかかりません。

その上、簡単に自分の考えたことを多くの人に伝えることができます。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、和歌山県の社会問題やその問題に取り組む方法をご紹介しました。

まずは、あなたができることから取り組んでみてください!