ドイツは、豊かな文化、強力な経済、そして高い生活水準で知られる国です。

しかし、この先進国もまた、多くの社会問題に直面しています。

これらの問題は、国の将来の発展、市民の福祉、そして国際社会におけるドイツの役割に大きな影響を及ぼす可能性があります。

この記事では、ドイツが抱える主要な社会問題を4つ解説します。

※【企業様向け】社会問題への取り組みをPRしませんか?
  掲載を希望する企業様はこちら

ドイツが抱える社会問題4選

ドイツが抱える社会問題を4つ解説します。

難民の受け入れ

ドイツはシリア、アフガニスタン、イラクなどからの難民を大規模に受け入れています。

これには、難民の社会統合、言語教育、職業訓練、心理的サポートなど、多くの支援が必要です。

しかし、大量の難民流入は、一部で社会的緊張や反移民感情を引き起こしており、ケルン暴力事件を代表に事件が発生しています。

移民問題とは?SDGsとの関係や現状、日本の政策を解説

高齢化社会と年金制度の持続可能性

ドイツは世界で最も高齢化が進んでいる国の一つです。

高齢化が進展するドイツにおいては、2021年の人口約 8320 万人に対して 65 歳以上の高齢者が 22.0%、80 歳以上が 5.7%と、高齢者の割合が年々増加しています。

高齢化に伴い、年金制度の負担が増加しており、若い労働力に対する財政的圧力が高まっています。

これは将来の年金受給者にとって十分な支援を提供することが難しくなる可能性があります。

参考:ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany)社会保障施策

所得格差

ドイツでは、所得格差が増加しています。

特に新型コロナウイルス感染症による影響が大きく、世帯所得が「月額900ユーロ未満」、「月額1500ユーロ未満」の2つの低所得層を見ると、所得が減少した世帯の割合は40%を上回っています。

経済的に不利な地域や社会的に弱いグループは、教育や雇用の機会において不利な状況に置かれがちです。

これにより、社会的緊張が高まる可能性があります。

参考:コロナ危機により所得格差が拡大―WSI報告

エネルギー問題

ドイツは、ロシア産の安価な天然ガスに大きく依存していましたが、ロシアのウクライナ侵攻後にロシアの天然ガスの供給量が減少し価格が高騰しました。

この影響により、製造業を中心として、産業全体に課題を抱えています。

また、化石燃料から再生可能エネルギーへの移行を目指していますが、この過程にも経済的、社会的な課題を伴います。

参考:不振が続くドイツ経済 ─ エネルギー問題の長期化で懸念される製造業の「空洞化」


世界が抱える社会問題には何がある?

世界にはさまざまな社会問題があり、日本では考えられないような貧困問題や人身売買、難民問題、紛争などがありますが、日本人である私たちにまったく関係のない問題ではありません。

世界が抱える社会問題については以下の記事で解説します。
世界が抱える社会問題一覧!私たちにできることを考えよう

また、日本の社会問題を知りたい方は以下の記事をご覧ください
日本の社会問題一覧!日本の現状や今後の対策を知ろう


まとめ

ドイツが直面している社会問題は多岐にわたり、高齢化社会や難民問題、エネルギー問題など多岐にわたり、国の将来に重大な影響を及ぼすものばかりです。

これらの課題に対処するためには、政府、民間セクター、そして市民社会の協力が不可欠です。

今後、ドイツはこれらの問題に対して持続可能で包括的な解決策を見出すことが求められています。

関連記事

ヨーロッパ

イギリスの社会問題は何がある?
フランスの社会問題は何がある?
ドイツの社会問題は何がある?
イタリアの社会問題は何がある?
スペインの社会問題は何がある?

アジア・オセアニア

日本の社会問題は何がある?
中国の社会問題は何がある?
韓国の社会問題は何がある?
インドの社会問題は何がある?
フィリピンの社会問題は何がある?
タイの社会問題は何がある?
インドネシアの社会問題は何がある?
ベトナムの社会問題は何がある?
オーストラリアの社会問題は何がある?

北米・南米

アメリカの社会問題は何がある?
カナダの社会問題は何がある?
ブラジルの社会問題は何がある?


【企業様向け】社会問題への取り組みをPRしませんか?

広告掲載・資料請求はこちら