国際協力 社会課題コラム

人種差別ー大学生が差別について考えてみたー

差別とは何か?

人種差別はなぜ生まれるのだろうか。そもそも差別とはなんだろうか。

みなさんは考えたことがありますか?

正直にいうと、私はありませんでした。

差別とは無関係な生活をしていると思っていたからです。

 

しかし私は、無意識のうちに人を差別していました。

そう気づいたのは中学生の時。

当時私はテニス部に所属していましたが、膝のけがを繰り返していました。

 

そんな時、同級生から「四体満足」と言われたのです。

「五体満足」から作られた言葉でしょう。

正直、当時の私にはあまり言葉の意味がわかりませんでした。

 

しかし、同級生に「私たちとは違う」と、差別されたように感じたことを覚えています。

わたしは加害者かもしれない

この時はじめて、自発的に差別について考えました。

差別されるってこんなに辛いのか。

でももっと酷い差別を受けてる人がたくさん居る。

私は加害者になっていないか?

やっと当事者意識を持てました。

 

自分を顧みて、私は自分と異なる人を差別してきたと気づいたのです。

街で奇声を発していたり、変な行動をとったりしている人を見ると、

「障害者だ、近づかないようにしよう」と考えていたし、

黒人の方とすれ違った際には無条件に「怖い」と感じていました。

一人ひとりの顔が見えて

私は、いくつかのボランティア経験があります。

今思うと、すべての動機は「差別をする自分を脱したい」だったのかもしれません。

特に結果が出た。そう感じているのは、障害児教育ボランティアです。

(「障害」は人ではなく、社会にあるものと考え、こう表記しております。)

 

一人ひとりの顔が見えるようになりました。

障害児教育ボランティアでは、子どもと一対一で、

継続的に関わることができたからです。

この経験から、私は「障害児」というくくりではなく、

「○○くん」「○○ちゃん」と、一人ひとりを見るようになりました。

 

一人ひとりをちゃんと見れば、差別なんてできません。

みんな良いところをたくさん持っているからです。

この「良いところ」というのは、障害を持つ人特有のものではありません。

人間は誰しも長所があります

 

私がボランティアで出会った子どもたちも、

年下の子を優先したり、泣いた子を慰めたり、絵が得意だったり、

足が早かったり、素直だったり…たくさんの長所がありました。

 

真似したい点がたくさんあります。

そのことに気づいたら、

誰も差別なんてできないのではないでしょうか。

今、私が思うこと

ここで、そもそもなぜ差別は否定されるのか考えました。

私は、「差別によって傷ついたり悲しんだりする人がいるから」だと主張します。

もちろん、情報収集した上で深く考え、答えを導くことも絶対に必要です。

しかし、その答えは難しいものが多くはないでしょうか。

 

私はそうではなくて、より多くの人が理解できる

“差別が否定される理由”を掲げたいです。

多くの人が「良くないことだから差別はしない」と思いながら話し、行動するだけで、

苦しむ人はかなり減るのでは無いでしょうか。

 

加害者になる前に、“差別”に関して当事者意識

相手を知ろうとする姿勢を持ちませんか。

 

そのことが、誰もが過ごしやすい社会の実現へつながると思うのです。

ライタープロフィール

横山 愛未(よこやま まなみ)
大学1年生。教育・国際協力・福祉を中心にボランティアをしてきました。将来は教師になるかもしれないです。多様な価値観や立場に寄り添える人間になることが目標。
ひとりでも多くの人が笑顔で過ごせる世界を創るために、自分にできることを探しています。
Twitter:まなみ

-国際協力, 社会課題コラム